風邪と鍼灸治療について

風邪をひいた女性
  • 神戸医療福祉専門学校
    鍼灸科

  • 神戸医療福祉専門学校 中央校 鍼灸科は、スポーツ・美容・医療・福祉4つの分野全てが学べる3年制!
    鍼灸師としてはもちろん、スポーツトレーナーや美容鍼灸など、特定の分野のスペシャリストとしても活躍できる知識と技術が身につきます。

こんにちは!神戸医療福祉専門学校中央校の鍼灸科教員の王子です。

どんどん気温が下がり、肌寒い時期がやってきましたね。
今日はこの時期に多い「風邪」についてお話したいと思います。

  • 神戸医療福祉専門学校 鍼灸科

  • 神戸医療福祉専門学校 中央校 鍼灸科は、スポーツ・美容・医療・福祉4つの分野全てが学べる3年制!
    鍼灸師としてはもちろん、スポーツトレーナーや美容鍼灸など、特定の分野のスペシャリストとしても活躍できる知識と技術が身につきます。

風邪とは?

風邪のイラストまず、風邪とは風邪症候群と呼ばれる感染症のことをさします。
原因としてはウイルス感染が多く、鼻や喉に炎症がおこることで鼻水や咳といった所謂風邪の初期症状がでてきます。

初期症状が出始めた段階でゆっくり休息をとることができれば悪化することは少ないのですが、働いている方はなかなか休めませんよね。そうするとさらに症状が進み、発熱や頭痛、関節痛などに繋がっていきます。しかし、こういった症状は全員が同じようにでるのではなく、個々の体力や体調によって変わってきます。

この季節に特に多いインフルエンザも、インフルエンザウイルスの感染によるものです。ただ、他の風邪ウイルスよりも感染力が強く、さらに重症化する危険性があるので、予防接種が行われ、多くの感染者がでると学級閉鎖などの措置がとられます。

風邪に対する鍼灸治療ってあるの?

鍼灸治療のイラスト風邪に対する鍼灸治療は2つに分けることができます。

症状へのアプローチ

まず1つ目は、風邪によって起こる症状へのアプローチです。
例えば、鼻水がつまるといった症状に対して鼻の骨の横にある上迎香と呼ばれるツボを使ったり、咳に対しては呼吸器と関係の深い中府と呼ばれるツボや肩背部のツボを使ったりします。

風邪の予防

そして2つ目は風邪の予防です。
鍼灸治療は「未病治」と呼ばれる病気になる前に体調を整えることに長けています。

日ごろから鍼灸治療を受けることで、睡眠の質をよくしたり、免疫力をあげたり、結果的に風邪にかかりにくいからだ作りができます。
例えば、東洋医学では風邪は首の後ろにある風門と呼ばれるツボから入るといわれています。少し寒気がするかも、という時に風門に鍼やお灸をするのがオススメです。

家庭でできる予防法として、貼るカイロや少し離した状態でドライヤーをあててあげるのもいいですね。※火傷には十分注意してください。

冬はクリスマス、忘年会や新年会といったイベントも多いので、しっかり予防をし、体調を整えていきましょう☆

神戸医療福祉専門学校中央校
鍼灸科教員 王子 由佳理

鍼灸師を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校鍼灸科では、開校以来の国家試験の合格率は、「はり師」「きゅう師」ともに95.5%!(開校〜2020年度実績)

高い合格率に裏付けられ、希望者の就職率も8年連続100%に達しています。(※2013~2020年度実績) スポーツ・美容・福祉・医療分野の授業を全て履修できるので、様々な現場で求められる鍼灸師をめざせます。

ご興味がある方は、ぜひ以下のオープンキャンパスや鍼灸科の詳細情報をご覧ください。

卒業生の声

「鍼灸とエステを融合させた施術を行うサロンで活躍中」(2013年度卒業)

「25歳で開業、今では1日30名以上の患者様を治療。2017年に2店舗目も」(2010年度卒業)

「訪問鍼灸専門の治療院を開業」(2008年度卒業)

「鍼灸院を営みながらスポーツトレーナーとして活動」(2006年度卒業)

>>卒業生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/