救急救命士の収入について

  • 神戸医療福祉専門学校
    救急救命士科

  • 神戸医療福祉専門学校 三田校 救急救命士科は、関西初の救急救命士養成校!
    国家試験の合格率は12年連続100%で、2年という最短のカリキュラムで確かな知識と技術が身につきます。授業では、消防などの現場で最前線で活躍する卒業生が、実際に指導を行う特別実習もあります。

救急車内で傷病者に対して処置を行なっていく救急救命士になろうと志したとき、仕事内容や資格の取り方とともに気になるのが給料や年収ではないでしょうか。
救急救命士は医療に携わる国家資格としてある職業でありながら、勤務先がほかの医療系の職業と異なることから、給料や年収にも違いがあります。
今回このページでは、日本全国に消防署などの消防機関で活躍する救急救命士の給料や年収について解説していきたいと思います。

  • 神戸医療福祉専門学校 救急救命士科

  • 神戸医療福祉専門学校 三田校 救急救命士科は、関西初の救急救命士養成校!
    国家試験の合格率は12年連続100%で、2年という最短のカリキュラムで確かな知識と技術が身につきます。授業では、消防などの現場で最前線で活躍する卒業生が、実際に指導を行う特別実習もあります。


神戸医療福祉専門学校は、救急救命士として活躍するのに必要な知識や技術を学べる専門学校です。

救急救命士になりたい!目指している!という方は、オープンキャンパスの開催や、学校に関する資料請求ができますので、ぜひ一度チェックしてください!

救急救命士の平均給料と年収

はじめに、救急救命士の平均給料と年収について見ていきましょう。
救急救命士の平均給料と年収は消防士と同じように設定されていることから、平均給料は約45万円、平均年収は約718万円となっています。

引用:平成27年地方公務員給与の実態
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/kyuuyo/h27_kyuuyo_1.html

医療系の中でも収入は高い

このような設定になっている理由としては、国家資格とともに地方公務員という立場であることが挙げられます。
救急救命士は、地方公務員の給与規定によって給料が定められ、さらに勤務形態が特殊であることから、病院に勤務している医療系の職業の人より収入が多くなっていきます。
その理由は、救急救命士という仕事そのものにあります。
救急救命士は勤務形態が特殊かつ日々危険が伴う中で働いていくことから、公安職俸給表(例:警察官など)が適応します。
そのため、一般的な公務員と比べても給料や年収が高く設定されています。

手当の付与によりプラスになる

さらに、救急救命士は24時間体制で出動に対応していく必要があるため、さまざまな手当が付与されます。
主に付与される手当は出動手当や時間外手当、夜勤手当、24時間勤務手当、災害時派遣手当などが挙げられます。
付与される手当は自治体によって異なる上に、あまり高く設定されていませんが、いずれの手当が付与される金額は1ヶ月で最大約10万円になります。
そのため、救急救命士は給料や年収に、手当が付与されることから、より高額になっていきます。
しかし、その分日々の仕事が危険と隣り合わせであるため、それがあっての金額であることを念頭に入れておきましょう。

昇給とボーナス

昇給とボーナス次に、救急救命士の昇給とボーナスについてお話ししていきます。
救急救命士の場合、地方自治体によって異なりますが、ほとんどが昇給は毎年年に一回、ボーナスも年二回支給されています。
昇給は年齢に応じてというケースが多く見られ、平均月収も20代の約22〜30万円台から30代で約35〜40万円、そして40代になると約40〜50万円となります。
よってボーナスも同様に20代の約100〜140万円台から、30代で約140〜180万円、40代で約180〜200万円と上がっていきます。
以上のことから、救急救命士は長年勤務しながら役職に就いていくことで、昇給とボーナスという形で反映されやすいということが言えるでしょう。

引用:平成27年地方公務員給与の実態
http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/jichi_gyousei/c-gyousei/kyuuyo/h27_kyuuyo_1.html

まとめ

いかがでしたでしょうか。
確かに、医療系の中でも救急救命士の収入は比較的高いと言えるのではないでしょうか。
ですが、それだけ責任感が求められる職業と言えるので、その点には忘れないようにしましょう。

救急救命士になりたいと思っている方はこちら

救急救命士を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校の救急救命士科では、国家試験の合格率が12年連続で100%!(2009~2020年度実績)

最短の2年制で人命救助のプロを目指す!
2年間という限られた期間で、消防や救急救命の現場に即戦力となる技術力が身に付けることができます。

国家試験対策は1年次から実施され、習熟度別に学習をサポート、学生一人ひとりの状況を把握し、国家試験対策担当の教員との情報共有を徹底し、学生が主体的に取り組めます。

卒業生の声

「神戸医療でのシミュレーション実習のおかげで実践力が身につき、どんな現場にも柔軟に対応できている」(兵庫県立播磨南高等学校出身)

「現場をリアルに想定したシミュレーション実習を数多くこなせたことが、とても役立っている」(兵庫県立北条高等学校出身)

「学校で学んだシーンに遭遇する場面もある」(鳥取県立八頭高等学校出身)

「採用後は即戦力の隊員として隊長指揮下に入りました。」(愛媛県立今治工業高等学校出身)

>>卒業生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 三田校>
理学・作業・言語・救急・義肢・整形靴
住所〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
お問い合わせ079-563-1222
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/