心理カウンセラーの資格の種類とは?就職に役立つのはどれか

ポイントを指摘する心理カウンセラー

心理カウンセラーの資格にはいくつもの種類があり、それぞれに就職に役立つものと、自身の知識・技術を証明するものがあります。

今回は、色んな種類のある資格のなかから、心理カウンセラーになるために役立つ資格や、就職に役立つ資格を紹介します。

心理カウンセラーはどんな仕事を行うのか

話を聞く心理カウンセラー心理カウンセラーは、ストレスや悩みを抱える相談者と対面し、相談者の置かれている状況や環境・心理状態を把握したうえで、カウンセリングや心理テストを行い、問題解決へと導く仕事をします。

心理カウンセラーが活躍できる場は、医療機関や学校・企業・地方公務員があり、独立して開業することも可能です。

実際は心理カウンセラーという名前の仕事がある訳ではなく、心理カウンセリングをする人達を総称して心理カウンセラーと呼びます。
また、資格を持っていなくても心理カウンセラーを名乗ることはできます。

しかし、心理カウンセラーとして活躍したいのであれば、心理カウンセラーに携わる資格を持っていた方が、知識や技術の証明に繋がります。
資格の勉強をすることで、自分自身がより正しい知識を学ぶことができ、結果的に相談者を助けることに繋がります。

心理カウンセラーになりたい方におすすめの資格

紹介する心理カウンセラー心理カウンセラーになりたい方におすすめの資格には、心理職初の国家資格である「公認心理師」や、民間資格である「産業カウンセラー」などです。
他にもさまざまな種類があります。

ここでは、それぞれどの分野での就職に役立つのかを解説していきます。

国家資格

国家資格とは、知識・技術が一定水準であることが国から認定される資格のことです。
そのため、一般的に国家資格でないものよりも取得の難易度は高めの傾向があります。

心理カウンセラーとして生かせる国家資格は「公認心理師」だけです。

公認心理師

公認心理師は、相談者やその周囲の人に問題解決へ向けた援助を行い、心の健康に関する教育や情報提供を行います。

公認心理師は2018年12月に第1回公認心理師試験が行われたばかりなため、活躍する場所は未知の部分が多いですが、病院・学校・企業など、現在心理カウンセラーが必要とされている場での活躍が期待できます。

公認心理師の資格を持っていることにより、知識・技術があると国から証明されるので、就職には有利になっていくと言えるでしょう。

【参考URL】
https://job-medley.com/tips/detail/811/#i3

教育機関の関わる資格

心理カウンセラーに生かせる資格には、教育機関の関わる資格も含まれます。
例えば、日本臨床心理士資格認定協会や日本心理学会などがあります。
詳しく解説していきましょう。

臨床心理士

臨床心理士は日本臨床心理士資格認定協会が認定する民間資格です。
主に、投薬をせずに1対1のカウンセリングなどで相談者の問題を解決します。

臨床心理士の代表的な仕事にスクールカウンセラーがあります。
他には教育センターや教育の相談機関などに勤めることもできますし、精神科や心療内、児童相談所、老人ホーム、少年院、刑務所でのカウンセリングを行う臨床心理士もいます。

臨床心理士の需要は高まっており、民間資格のなかでも信頼度が高いため就職にはかなり有利です。

産業カウンセラー

産業カウンセラーは、日本産業カウンセラー協会が認定する民間資格です。主に、労働者が抱える問題や悩みをカウンセリングし問題解決をサポートします。

産業カウンセラーは、民間企業の人事部や医療機関、職業安定所などで活躍できます。

しかし、産業カウンセラーの需要はそこまで高くないのが実情です。
他の資格と一緒に取得することで、就職に役立てることができる資格です。

認定心理士

認定心理士は、 日本心理学会が認定する民間資格です。
認定心理士の資格には試験はありません。日本心理学会に認定申請し、認定されることにより資格が得られます。

認定申請できる条件には、16歳以降通算2年以上の日本滞在、大学・大学院で必要な科目を修了し卒業する、日本心理学会指定の科目の単位を取得する、の3つの条件があります。

活躍の場は、療育、児童養護施設、母子生活支援施設などがあります。しかし、認定心理士の資格だけでは就職は厳しいです。
ただ、認定心理士は、心理学の基礎知識があることの証明になりますので、持っておいて損はありません。

民間の学会が認定している資格

民間の学会が認定している資格には、メンタルケア心理士(R)や認定カウンセラーがあります。

メンタルケア心理士(R)

メンタルケア心理士(R)は、メンタルケア学術学会が認定する民間資格です。
基本的なカウンセリング技法や精神医科学・薬理学・生化学など様々な視点から心理学を学び、福祉や医療・教育などの場で活躍が期待できます。

認知度も高く、様々な分野から心理学を学んでいるため、就職にも大いに役立ちます。

認定カウンセラー

認定カウンセラーは、日本カウンセリング学会が認定する民間資格です。認定カウンセラーの資格は必ずしもカウンセラーの職に就けるものではなく、日本カウンセリング学会のカリキュラムを修了した、という証になります。

認定カウンセラーの資格のみで就職するより、他の資格も取得しておいた方が、より就職に有利になります。

心理職初の国家資格である公認心理師

話を聞く公認心理師公認心理師は、2017年に誕生した心理職初の国家資格です。文部科学省と厚生労働省が共管しています。

公認心理師は名称独占資格であり、資格を持っていなければ公認心理師は名乗れません。

多岐にわたって活躍できる場所がある

公認心理師は、臨床心理士と同じように病院をはじめ、学校・一般企業・福祉施設・警察など、多岐にわたって活躍できる場所があります。

しかし、公認心理師は国家資格として世に出回ってまだ日が浅いので、世間に公認心理師が認知されることで、より一層就職に有利になることが期待できます。

臨床心理士との違い

公認心理師は臨床心理士と仕事内容が似ていますが、公認心理師は心の健康に関する情報提供を行うのに対し、臨床心理士は調査・研究を行う点が双方の違いです。

まとめ

今回は、心理カウンセラーになるために役立つ資格や、就職に役立つ資格を紹介をご紹介しました。
公認心理師や臨床心理士のように、就職にとても有利になる資格から、認定心理士や認定カウンセラーのように知識・技術を証明する補助的な資格まで、様々な種類があります。

カウンセラーを目指す方は、ご紹介した資格を取得しておくと就職にも役立ちますので、是非参考にしてください。

心理カウンセラーの仕事とは

精神保健福祉士を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校なら、精神保健福祉士の国家試験合格率が97.1%!(2018年度)、就職率は100%!(2018年度)

全国模擬試験で自分の実力を確認して弱点を克服でき、授業以外にも国家試験対策ゼミを実施。インターネットを利用した教材e-learningで、自宅学習もサポートします。大学卒業後の方、社会人経験者まで様々な年齢層の学生が在籍しています。クラスメイトは、年齢は違えど、同じ目的・目標をもった仲間なので、毎年、お互いに励まし合う雰囲気に満ち溢れています。

在校生の声

「地域の患者さんが来校し、リアルな実習ができる。」(理学療法士科4年生)

「集中して勉強できる4年制専門学校を選びました。」(理学療法士科4年生)

>>在校生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/