作業療法士の仕事内容

作業療法士は、リハビリテーションの現場には欠かせない職業の一つです。
病気や事故などで身体に障害を持った患者さんや、身体機能が低下した患者さんなどに対して、リハビリテーションを行うことを仕事としています。
しかし具体的には一体どのような場所でどのようなリハビリテーションを行なっているのでしょうか。
ここでは作業療法士という仕事について詳しくご紹介します。
続きを読む

介護福祉士を志すきっかけ

介護福祉士を志すきっかけは、人によっては理由は大きく変わってきます。
これまでの経験から目指す人。人が好きな人。人を助けたい人。
100人いれば100通りの志望理由が存在します。
こういう気持ちがなければ介護福祉士に向いていないということはありません。
明確に介護福祉士として働きたいという志さえあれば、どんな人にも介護福祉への道は開かれているのです。
では、実際にどのようなところから介護福祉士を目指し始めたのでしょうか。
続きを読む

介護福祉士になるための基礎的な学問

介護福祉士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。
介護福祉士の国家試験に出題される試験科目は多岐に渡っているため、計画的に勉強を進めなければ網羅することは難しいです。
合格率も60〜70%と高い数字ではなく、しっかりと対策しなければ合格することができません。
専門問題も出題され、深い知識がなければ正答することが難しい問題もあります。
そのため、しっかりと計画的かつ効率的に勉強を進めなければなりません。
続きを読む

言語聴覚士になるための基礎的な学問

言語聴覚士になるためには、言語聴覚士の国家資格を取得しなければなりません。
そのためには、言語聴覚士養成校へ入学、卒業し、国家試験の受験資格を得る必要があります。
言語聴覚士の養成校には2年制・3年制・4年制があり、自分に合った学び方のできる学校を選ぶことが大切です。
言語聴覚士の国家試験で出題される内容について把握し、しっかりと準備するようにしましょう。
続きを読む

言語聴覚士に必要な能力

言語聴覚士になるために身につけておきたい能力はどんなことか?
言語聴覚士という仕事をする上で大切な能力についてご紹介していきます。
続きを読む

作業療法士に必要な能力

作業療法士には、様々な求められることや必要になる能力があります。
しかし、それは生まれ持ったものばかりではなく、学ぶことで後から身につけることもあります。
続きを読む

整形靴技術者になるためには

整形靴技術者とは、お客様の足の悩みを聞き、その方にとってどのような靴が必要なのかを考え、靴の製作、加工、フィッティングを行う仕事です。
足に悩みを抱えている方に、歩きやすく履き心地の良い靴を提供します。
続きを読む

義肢装具士になるためには

義肢装具士は、ケガや病気などによって失われた身体能力を「医学」「科学」「工学」の観点から、義肢や装具を製作し、適合を行う医療職です。
義肢装具士は医療系の仕事にして、義肢や装具を製作するからこそ、モノづくりの側面もあります。
今の世の中になくてはならない存在なのですが、具体的にはどういう仕事内容で、どうしたらなれるのでしょうか。
ここでは、義肢装具士になるにあたって見ておきたい様々な情報を、詳しくご紹介します。
続きを読む

救急救命士になるためには

救急救命士は救急車に同乗し、傷病者を病院に搬送するまでの間に、医師の指示のもとで救急救命処置を行う仕事です。
具体的に「傷病者に適切な応急処置・蘇生処置をおこないつつ、病院などの医療機関に速やかに搬送すること」と定められています。
続きを読む

理学療法士になるには

理学療法士は、ここ数年でより一層注目されるようになったリハビリに携わる職業です。
理学療法士になりたい、という思いを抱く人は年々増えているのですが、理学療法士になるには資格を取得していないと、なることが叶いません。
ここでは資格についても含め、仕事内容や国家試験についてなど、理学療法士になるための様々な情報をご紹介します。
続きを読む

10 / 11« 先頭...7891011