作業療法士に資格は必要?取るべき資格のメリットとは

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の作業療法士科が執筆しています。

作業療法士の資格とはどのようなものでしょうか?
リハビリの仕事をしている人というイメージはありますが、具体的にどんなことが出来るのでしょうか。
今回は作業療法士の資格についてお話ししていきたいと思います。

 

 

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の作業療法士科が執筆しています。

作業療法士の資格とは

作業療法士はどうすればなれるのでしょうか?作業療法士のなり方と将来の展望について解説します。

作業療法士は国家資格である

作業療法士は、厚生労働省が「理学療法士および作業療法士」に基づき試験を行なっている国家資格です。
作業療法士の資格を取得するには指定の養成施設である大学や専門学校で3年以上専門知識を学ぶ必要があり、養成施設を卒業することで、国家試験の受験資格が与えられます。

作業療法士は、身体や心に障害がある人や病気や怪我などで体が動かしにくいまたは動かせないといった人や精神的に落ち込んだ人に対して、リハビリやカウンセリングを通じて、日常生活を快適に過ごすことの出来るようにサポートしています。

作業療法士の「作業」とは、日常生活に必要な身体の動きのことで、家事や入浴、食事、着替え、排泄、などをする動作です。
年齢や性別などは問わず、障害や精神的な問題、怪我や病気などで、そうした日常生活を送るのが難しくなる人もいます。
そのような人に、日常生活が送れるように作業の能力を回復させ、社会復帰を目標に、動作だけでなく精神面のサポートもしていきます。

作業療法士を取得するメリット

社会的な信頼度が高い


作業療法士は国家試験を受けてから得られる資格で、専門性を必要とし、リハビリを通じて患者さんからの信頼性が高くそれに伴い、社会的に見ても信頼の置ける資格です。
また、病院での医療や在宅での介護の重要な一員として活躍しており、リハビリの専門家として医師や看護師、介護士からも信頼されています。

患者さんの回復が目に見え、やりがいにつながる

作業療法士は、患者さんの社会復帰を目標に置き、家庭や職場で活躍できるように日々患者さんに向き合っています。
日々のリハビリ以外にも精神的なケアも担い、患者さんを支えるので、回数を追うごとに信頼関係が強くなり一体感が生まれます。
本人に限らず、家族やその周りの人たちから感謝されることも多く、必要とされることを実感しながら働くことができます。

患者さんに合わせたサポートができる

作業療法士は老若男女問わず、障害や病気から日常生活での支障をなくし、自立した生活や社会復帰を目指してサポートします。
患者さんの状態や性格に合わせてやりたいことや得意分野を見極めて目標設定し、回復を目指すなど、患者さんの個性を大切にしたサポートしていきます。

作業療法士の就職先は幅広い分野がある


作業療法士の就職先は、病院以外にも様々な職場があります。
介護施設や在宅介護の支援、特別支援学校や普通の小中学校の障害児クラスなど、幅広い分野に広がっています。
作業療法士というと病院でリハビリを行う先生というイメージを持つ人が多いと思いますが、福祉施設や介護などの現場でも多くの作業療法士が活躍しています。
病院で働く作業療法士は、怪我や病気で入院し、すぐに日常生活に戻れない患者に対して、社会復帰するためのリハビリや精神面でのケアを行います。
外傷や怪我に限らず、精神的な障害を抱えた方にもリハビリの指導やサポートを行っています。
高齢化社会になりつつある今、作業療法士の働く場所は以前より広がり多くの人たちから必要とされています。

まとめ

作業療法士の資格は作業療法士の指定養成校である専門学校や大学を卒業し、国家試験に合格すると作業療法士の資格が得られます。
資格を取得すると、社会的な信頼性が高く評価され、日々のリハビリを通してやりがいを感じることができる仕事です。
幅広い分野で就職先がありあなたにあった職場で働くことができます。
資格を取得するまでは、大変かもしれませんが、コツコツと勉強して資格取得を目指しましょう。
>>作業療法士になるための様々な知識はこちら

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 三田校>
理学・作業・言語・救急・義肢・整形靴
住所〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
お問い合わせ079-563-1222
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/