作業療法士の仕事内容

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の作業療法士科が執筆しています。

作業療法士は、リハビリテーションの現場には欠かせない職業の一つです。
病気や事故などで身体に障害を持った患者さんや、身体機能が低下した患者さんなどに対して、リハビリテーションを行うことを仕事としています。
しかし具体的には一体どのような場所でどのようなリハビリテーションを行なっているのでしょうか。
ここでは作業療法士という仕事について詳しくご紹介します。

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の作業療法士科が執筆しています。

仕事内容について

作業療法士の行うリハビリテーションをでは、身体的な分野と精神的な分野に専門が分かれています。
身体的なリハビリテーションでは、関節を動かしたり筋肉の発達を目的とした訓練を行うことによって、身体機能を向上させます。

作業療法士が担当するのは応用動作という、普段の生活で行うような日常動作です。
日常動作は、食事やお風呂、着替えなど、生活に欠かせない行動と密接に関わります。
また、基本動作ではなく応用的な動きであるため、判断力や記憶力の訓練にもつながります。
具体的には、料理や洗濯など家事の動作のほか、将棋、書道、園芸、木工、裁縫、体操などを行いながら訓練を進めていきます。

作業療法士が行うリハビリとは

作業療法士と理学療法士の違い

作業療法士に類似している職業として、理学療法士があります。理学療法士も作業療法士と同じく、リハビリテーションの現場で活躍する仕事になります。
作業療法士が身体的なリハビリと精神的なリハビリのどちらも行い、応用動作を担当するのに対して、理学療法士は物理的かつ運動的な方法によって身体機能の回復や、基本動作を担当しています。
そのため、作業療法士のように家事や趣味活動の動作を取り入れて日常生活の精度向上を目指すのではなく、単純運動によって主に体幹や運動機能のリハビリを行っていくのが理学療法士なのです。
このように専門領域に明確な違いがあるものの、作業療法士と理学療法士は身につけている医学的な知識やリハビリテーション技術など、近い部分が多いです。そのため、リハビリテーションの現場では両者が互いの専門分野をカバーし合いながら共に仕事していく場合もあります。

理学療法士と作業療法士の違いとは

活躍の場について

作業療法士が行うリハビリテーションの対象は、身体、精神、発達期(子ども)、老年期の4つの分野のいずれかに障がいを持つ方になります。そのため医療機関だけではなく、保健・福祉施設や教育機関など、作業療法士が活躍する現場は多岐に渡ります。

身体障がい

病院


作業療法士の活躍の場として最も一般的なのが、病院です。
病院にはリハビリをするための部屋やスペースがあり、その場所で担当する患者さんのリハビリテーションを行います。
また、入院患者さんの病棟を回ってリハビリを行う場合もあります。
病院でのリハビリテーションは、基本的に医師の指導のもとで行います。医師や看護師、他のリハビリテーション職の人など、周りで働く医療関係職と連携を取りながら業務を行うことが必要になります。

リハビリテーションセンター

リハビリを行うことに特化した「リハビリテーションセンター」という医療機関もあります。
リハビリテーションセンターでは理学療法、作業療法、言語聴覚療法が協同してリハビリテーションにあたります。
リハビリ専門の機関であるため、リハビリに使用できるスペースも広く、より有意義なリハビリテーションが行いやすくなります。

保健所

公的な医療機関として、地域の公衆衛生や福祉の推進拠点となっているのが保健所です。
保健所で主に行われているのは、病気の予防の勧めや健康に関する相談などといった福祉関連の業務ですが、リハビリの教室などが開かれることも珍しくありません。
保健所で勤める場合には公務員として働くことになるため、安定して働ける環境でもあります。

職業センター

職業センターでは、作業療法士は職業リハビリテーションに関わっていきます。
職業リハビリを行う施設には、公共職業安定所(ハローワーク)や地域障がい者職業センターなどが挙げられます。
業務としては、職業に関しての指導や紹介、就職後の助言や雇用主への助言など多岐に渡ります。

精神障がい

精神科病院

精神科病院では、精神疾患のある患者さんに接することになります。
主な精神疾患としては、うつ病、躁鬱病、統合失調症、神経症、心身症、パーソナル障がい、薬物・アルコール等の依存症、認知症、てんかんなどがあります。
精神的な負担の緩和や、作業プログラムによる訓練などを行うことで、患者さんの社会生活への復帰を目指します。

精神保健福祉センター

精神保健福祉センターは地域住民の精神的な健康を保持・改善するための施設となっています。
業務としては精神疾患や依存症など福祉に関する講演や研修、また精神保健福祉職に関わる人に向けた技術指導などを行なっています。
そのほか地域住民の相談窓口として、心の健康に関する様々な相談を受けることもあります。

発達期障がい

小児病院

作業療法士は小児リハビリテーションの分野でも活躍しています。
近年増加している、周産期の医療施設が置かれている小児病院でも、作業療法士の需要があります。
発達気のリハビリテーションにおいては、大人向けの場合とは異なる知識や技術が必要で、また子供の成長や発達に寄り添う仕事でもあります。

児童福祉施設

医療機関ではない、児童福祉施設で小児リハビリテーションに従事する作業療法士もいます。
小児病院でのリハビリにも言えることですが、小児リハビリの場合、日常生活を送る上で必要な技能などの発達課題は遊ぶことを通して習得する場合が多いです。

老年期障がい

介護老人保健施設

介護老人保健施設とは、主にケアやリハビリが必要な要介護の高齢者が入居するための施設です。
在宅復帰を念頭に置いたリハビリを行います。
高齢社会に差し掛かっている昨今、こういった高齢者施設での求人は増加傾向にあります。

特別養護老人ホーム


特別養護老人ホームは介護老人保健施設と混同されることが多いのですが、形態やサービスに違いがあります。
特別養護老人ホームは公的な施設となっており、地方自治体や社会福祉法人が運営しています。
サービスにおいても、介護老人保健施設が在宅生活への復帰を目指すためのケアやリハビリを行なっているのに対して、特別養護老人ホームでは食事や入浴、排泄などといった日常生活の援助や介護を基本のサービスとしています。
そのため、入居者には要介護度の高い人が多いのが特徴です。

訪問介護ステーション(訪問リハビリ)

訪問リハビリテーションを行う訪問介護ステーションにおいても作業療法士が活躍しています。
訪問介護では、作業療法士や理学療法士、言語聴覚士などのリハビリテーション職のほか、医師や看護師、薬剤師、介護士など様々な専門職が別々のタイミングで利用者さんに関わります。

まとめ

作業療法士という職業は、リハビリテーションの現場において大きな役割を果たしています。
専門分野が広い分、その活躍の場も広く、どのような場所で働くかによって患者さんへの関わり方も変わってくるでしょう。
作業療法士の仕事は今後ますます、社会にとって必要不可欠なものとなります。

作業療法士になるには知っておきたいこと

作業療法士を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校作業療法士科では、国家試験の合格率が80.0%(2016〜2018年度実績、71名中59名)!高い合格率より希望就職率は100%に達しています。

4年制で基礎からしっかり時間をかけて無理なく実習のレベルを高めることができ、卒業時には大学卒業と同等の称号「高度専門士」が附与されます。

在校生・卒業生の声

「専門的な授業や実習が多く実践力が身につきます。」(兵庫県立伊丹北高等学校出身)

「臨床実習中の心細さを先生がサポートして下さいました!」(2017年度卒業)

>>在校生・卒業生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 三田校>
理学・作業・言語・救急・義肢・整形靴
住所〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
お問い合わせ079-563-1222
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/