筋電義手の仕組みの詳細

筋電義手の仕組みの詳細1

筋電義手とは、いくつかある義手の種類の1つです。
日本では支給要件が厳しいというのもあって、まだあまり普及していませんが、欧米では小児用も含めて、徐々に普及し始めています。
今回は筋電義手をより知ってもらうために、仕組みや操作方法などをご詳しく紹介します。

続きを読む

筋電義手の訓練について

筋電義手の訓練について1

日本では海外ほど筋電義手は普及されていませんが、以前よりも支給要件が緩和されました。
それでも、普及するための土台はまだ整っていないと言わざるを得ない現状です。
ですが、人数は少なくても、実際に筋電義手の装着訓練を懸命に行なっている人は存在します。
今回は、筋電義手の訓練についての様々な詳細情報を見ていきます。

続きを読む

小児と関わる言語聴覚士の解説

小児1

言語聴覚士は言葉や聞こえ、嚥下などの障がいを持つ方が機能発達できるように、リハビリやサポートを行う職業です。
そして言語聴覚士の中には、小児を対象として活躍している方がいますが、まだまだその数は足りていません。
ここでは、小児を対象としている職場で心掛けることなど、小児と関わる言語聴覚士についてのあらゆる情報をお伝えします。

続きを読む

男の言語聴覚士について

男の言語聴覚士1

言語聴覚士は食べることや聞くこと、そして話すことなど、リハビリの対象となる領域が広く、非常にやりがいのある仕事です。
しかしながら、医療に従事するリハビリの仕事と言うと、女性が多くて男性が少ないとうイメージがあるのではないでしょうか。
では実際に、男の言語聴覚士の数はどうなっているのでしょうか。
ここでは男の人数を踏まえつつ、男という観点から、言語聴覚士について切り込んでみようと思います。

続きを読む

社会人から言語聴覚士になろう

社会人1

言語聴覚士として活躍している人は、作業療法士や理学療法士と比較するとまだ数は少ないですが、国家試験の合格者数は年々増加している傾向にあります。
世の中に言語聴覚士という職業が認知され始めている、という事が考えられますが、もう1つの要因が考えられます。
それは、言語聴覚士も含めたリハビリ職への転職をしている社会人が、実は多いことです。
今回は、社会人から言語聴覚士になるためのあらゆる情報を見ていきます。

続きを読む

介護福祉士とホームヘルパーの違い

介護福祉士とホームヘルパー(介護職員初任者研修、実務者研修)は日常生活を送ることが困難な状態になっている高齢者、もしくは身体に障がいのある人に対し、身体介護を行っていく仕事です。
しかし介護福祉士とホームヘルパー(介護職員初任者研修、実務者研修)には大きな違いがあります。

続きを読む

介護福祉士に向いている人・適性とは

介護福祉士は、介護職の中でも仕事内容も多岐に渡ります。
仕事内容は高齢者や身体に障がいのある方などの介護が必要な人をはじめとする方々と接するため、人との関わりが特に重要になる職種です。

続きを読む

作業療法士に向いている人とは?

リハビリが必要な患者に寄り添う作業療法士とはどんな人が向いているのでしょうか?
病院の入院患者さんや手術明けの患者さんをサポートする仕事は簡単に出来る仕事ではありません。
今回は作業療法士に向いている人と求められている人について紹介します。

続きを読む

作業療法士が行うリハビリとは

作業療法士としてリハビリをする際にどんな場所でどんな人のリハビリを行なっているのでしょうか?
怪我をした時や手術をした時に病院で受けるものと思う方もいるかもしれませんが、介護施設で行うリハビリや自宅で行うリハビリもあります。
今回はリハビリの種類についてお話ししていきたいと思います。

続きを読む