理学療法士の仕事とは

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の理学療法士科が執筆しています。

理学療法士は、病気や事故などによって身体機能が低下した患者のリハビリテーションを行う職業です。
病院などのリハビリテーションの現場では多くの理学療法士が活躍しています。
ここでは理学療法士の仕事について詳しくご説明していきます。


  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の理学療法士科が執筆しています。

理学療法士という職業

理学療法士は英語で「Physical Therapist」といい、『PT』と略して呼ばれることもあります。
国家資格は名称独占資格になっており、国家資格を取得していなければ理学療法士と名乗って業務を行うことはできません。
高齢化が進む昨今の日本では、リハビリが必要な状態にある人が増加しており、理学療法士の需要がどんどん高まってきています。
そのため、病院の中で行うほか、自宅でリハビリを行う機会が増えており、訪問リハビリの現場で活躍する理学療法士が増えています。これから多くの人材が必要になってくる職業でしょう。

身体機能回復の訓練

病気や事故などにより、身体に障害や不自由を抱えた人や、身体機能が低下した高齢者などに対してリハビリテーションを行い、回復のサポートをするのが理学療法士の仕事です。
理学療法士によるリハビリテーションは医師の指示の下で行われ、運動療法や物理療法などが用いられます。担当する患者さん、一人一人の状態を把握してそれぞれに最適なリハビリ計画を考え、実行します。
具体的なリハビリ内容は、立つ、座る、歩行、寝返りなどといった運動で、これらの基本的な運動機能回復です。

「運動療法」と「物理療法」

理学療法は細かく分類すると「運動療法」と「物理療法」というものに分けられます。
ここではそれぞれの療法について説明していきます。

運動療法

実際に運動を行うことで、関節の動きや可動域の改善、筋力の回復などの効果を望むものになります。
局所的に麻痺がある患者さんや、骨折やヘルニアなどによって歩行をはじめとする様々な動作に不自由が生じている患者さんに対して、歩行訓練などを行なっていきます。

物理療法

物理的に外部から刺激を施すことによって、運動能力の回復や痛みの軽減を図ります。
具体的には温熱や寒冷、水、電気刺激や赤外線などの刺激で、薬物を用いることはありません。

医療現場では連携が必須


理学療法士が活躍するのは医療現場であり、そこでは他にも様々な医療従事者が各々の役割を果たしています。
それぞれ単独での業務もたくさんありますが、他の職種のメンバーと一つの医療チームとして連携をとって動くことも多いのです。
理学療法士の場合も、リハビリテーションの過程で他の専門職と協力していきます。
また、例えば患者さんを担当する看護師に対して、患者さんの歩行を補助する場合の適切な支え方を教えたり、作業療法士などが担当する他のリハビリのプログラムの中に歩行訓練を組み込んでもらったりなど、その場の医療チームの連携によって医療行為に取り組むため、協調性が必要とされています。

まとめ

理学療法士の仕事は運動療法や物理療法を用いて患者さんの身体機能の回復を支援することです。
他の医療域と連携し、その人らしい生活を取り戻すためのリハビリ計画を立てて実践します。粘り強く取り組む姿勢も求められる仕事です。

>>理学療法士になるために役立つこと一覧はこちら