スポーツトレーナーと理学療法士の違いについて

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の理学療法士科が執筆しています。

近年、プロチームに所属したり、スポーツ選手を中心にリハビリを行っているなど、その領域で活躍している理学療法士が増加しています。
医療の領域だけでなくスポーツの領域でも活躍できる理学療法士ではありますが、もしかしたらスポーツトレーナーとの違いが分からない、という方もいるのではないでしょうか。
ここでは、理学療法士とスポーツトレーナーとの違いを詳しく掘り下げていきます。


  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の理学療法士科が執筆しています。

スポーツトレーナーとは

スポーツトレーナーとは、スポーツ選手が最高のコンディションでプレーに臨めるように支援するのが、主な仕事となります。
そしてスポーツトレーナーには、役目ごとにいくつかの種類に分けられています。

アスレティックトレーナー
選手の身体の調子をケアしたり、怪我の手当を主に行う。
ストレングストレーナー
身体能力とパフォーマンス能力の向上の為に、トレーニングを指導する。
メディカルトレーナー
選手が怪我をした時に、競技への復帰を支援する。
フィジカルトレーナー
運動能力の向上など、フィジカル面のケアを主に行う。

以上4つがスポーツトレーナーの主な種類になり、それぞれで役目が大きく異なります。
では、理学療法士とは具体的にどのような違いがあるのでしょうか。

理学療法士とスポーツトレーナーの違い

理学療法士はリハビリや予防が中心

理学療法士とスポーツトレーナーの違い理学療法士は、怪我や病気が原因で身体の動作が上手く行えない人に対して、運動療法や物理療法を用いてリハビリを行う仕事です。
ですので、理学療法士は言い換えると、身体の動作について熟知しているスペシャリスト、という事になります。
そして、スポーツの領域における理学療法士の役目は、怪我をしてしまったスポーツ選手のリハビリ以外にもあります。
怪我の予防やパフォーマンスの向上の為に、適切な身体動作を行えるように動作改善をしていく事も、スポーツの領域における理学療法士の役目になるのです。
動作のスペシャリストである理学療法士ならではの役目、と言えるのではないでしょうか。

国家資格かどうか

国家資格であるかどうかも、理学療法士とスポーツトレーナーの違いとして挙げられています。
理学療法士になる為には国家資格が必要になりますが、スポーツトレーナーには、取得するべき国家資格がありません。
アスレティックトレーナーやストレングストレーナーに関しては、協会の認定資格を取得する事で、堂々とスポーツトレーナーを名乗る事ができます。
ですが、メディカルトレーナーやフィジカルトレーナーには認定資格もない為、役目に関連する医療系の国家資格を取得する人が多いです。
例えばメディカルトレーナーは、理学療法士に通じる部分が多くある為、理学療法士の国家資格を取得してからなっている方が、実は多いのです。
フィジカルトレーナーも、目指す過程で理学療法士のような医療系の国家資格を取得している、という方も珍しくはありません。

就職先

理学療法士の主な就職先は、リハビリに関わる医療機関や高齢者向けの福祉施設、地域の支援センターやスポーツの領域(プロチーム)など、多岐に渡ります。
理学療法士は国家資格である為、職場によって違いはありますが、安定して収入を得る事ができます。

スポーツトレーナーの主な就職先として挙げられるのが、プロや企業チームなどの契約スタッフ、またはスポーツジムや整体院などです。
近年はスポーツトレーナーを志す人が増加している為、資格の取得だけでなく、経験も必要とされています。
ですので、まずはスポーツジムや整体院などでじっくり経験と技術を養う方が多いようです。

スポーツの領域で活躍する理学療法士が増えている

スポーツの領域で活躍する理学療法士が増えている冒頭でご紹介したように、スポーツの領域で活躍している理学療法士は増えています。
その背景には、動作のスペシャリストでないと、身体動作の改善による怪我の予防やリハビリに中々手を出しにくい、という事が考えられます。
だからこそ、メディカルトレーナーになる為に理学療法士の国家資格を取得する人も、同時に増加しているのかもしれません。
スポーツが好きで人助けをしたいという方は、理学療法士は適切な職業なのではないでしょうか。

スポーツの領域で活躍する理学療法士になるには

スポーツの領域にて理学療法士が活躍する為には、理学療法についての知識だけでなく、スポーツ医学などの関連した知識も必要となります。
身体の動作における歪みなどを的確に分析し、スポーツをしても問題ないように、該当箇所を改善する為のリハビリを行わなければならないからです。
理学療法士を養成する専門学校によっては、スポーツの領域に進みたいと考えている方を後押ししてくれるので、まずはそこに入学する事が、最初の1歩となります。
さすがに、卒業後いきなりプロチームのスタッフとして働くのは困難なので、スポーツリハビリテーションに関わる職場に就職して経験を積む事が、適切なルートになります。

まとめ

理学療法士とスポーツトトレーナーは、身体動作の改善などをするかしないか、そして国家資格などが、主な違いになります。
そして、スポーツの領域で活躍する理学療法士はこれからも増加していく事が予想され、それは活躍の場が広がる事を示しています。
医療の領域だけでなくスポーツの領域における理学療法士に興味関心がある方は、是非参考にしていただきたいです。

>>理学療法士になる方法の詳細はこちら

この記事を書いた神戸医療福祉専門学校の理学療法士科より

神戸医療福祉専門学校理学療法士科では、2017年度の国家試験合格率は94.2%(2017年度、35名中33名)!
2017年度卒業生の就職率は、100%に達しています。

ご興味がある方は、ぜひ以下のオープンキャンパスや理学療法士科の詳細情報をご覧ください。

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 三田校>
理学・作業・言語・救急・義肢・整形靴
住所〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
お問い合わせ079-563-1222
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/