理学療法士に必要な能力

理学療法士に必要な能力1
  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の理学療法士科が執筆しています。

理学療法士は高齢による身体機能の衰えや、事故や病気による身体機能の衰えをリハビリを通して、運動能力の回復やサポートを行なっていくことが主な仕事です。
日々、さまざまな悩みを持つ患者の方一人一人に提案したり、患者の方の体を動かしたり、支えたりするため、さまざまなスキルが必要になっていきます。
  

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の理学療法士科が執筆しています。

理学療法士に必要なスキルとは

心身の健康

理学療法士に必要な能力2まず、必要な能力として挙げられることは心身が健康であることです。
治療運動や訓練などの理学療法を行うときは、正しい場所に適切に力を加えたり、移動する際に患者さんの体を支えていきます。
そのときバランスを崩すようなことがあると患者の方が不安になってしまいます。
患者の方にそのように思われないためにも、理学療法士になるためには体力が必要となります。
常に適切なタイミングで患者の方をサポート、または補助といったことを行い、力を発揮するためにも、自分自身の体調管理をしっかり行えることもスキルとしてとても重要です。

共感や思いやる心

理学療法士に必要な能力3さらに理学療法士は心身の健康とともに共感や思いやる心も必要です。
患者の方の中には病気やケガなどさまざまな形で障がいを抱えることになることもあり、精神面の回復が追いつかないといったこともあります。
そのため、リハビリに対して消極的になってしまったり、思うように体が動かないことに対していら立ちを抱いてしまうこともあります。
理学療法士は患者の求めるものだけではなく、何ができるのかを見極めながら、もっている能力を提供しなければなりません。
そのためにも、まず患者に寄り添うことで気持ちを理解することで共感し、リハビリへのモチベーションを引き出していきます。
そのため、理学療法士はリハビリテーションや運動能力の回復やサポートととも患者の精神的から支えとなる職業といえます。

学ぶための姿勢

理学療法士は国家試験を取得するために勉強をしていく必要がありますが、資格取得後も勉強をしていく必要があります。
その理由は日々変化し続けていくリハビリに関連する医学を学び続ける必要があるからです。
さらに、担当医師がリハビリに精通しているとは限らないことがあるため、理学療法士が患者の身体機能を観察し、適切な処置を判断するケースも少なくありません。
そのため、理学療法士は患者の方が日常生活に復帰できるように総合的にサポートするという重要な役割を担っているといえます。

まとめ

理学療法士は患者の方の運動能力の回復やサポートだけではなく、精神的にも寄り添っていく仕事です。
理学療法士にはどのような力が必要なのか、見直してみてはいかがでしょうか。

理学療法士になるにはこちら

理学療法士を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校なら、理学療法士の国家試験合格率が83.0%!(2016〜2018年度)。

1年次から国家試験対策を行い、本番の試験を想定したマークシート方式の模試を実施、その結果を1人ひとり個別に分析します。学生の理解度を把握した上で個別指導を行うなど、きめ細かなサポートで国家試験合格率100%を目指します。

選べる2年制・1年制のカリキュラムで、1年制はいち早く就職へ、2年制は応用力を身につけプロの道へと進むことができます。

在校生の声

「地域の患者さんが来校し、リアルな実習ができる。」(理学療法士科4年生)

「集中して勉強できる4年制専門学校を選びました。」(理学療法士科4年生)

>>在校生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 三田校>
理学・作業・言語・救急・義肢・整形靴
住所〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
お問い合わせ079-563-1222
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/