理学療法士になるには

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の理学療法士科が執筆しています。

理学療法士は、ここ数年でより一層注目されるようになったリハビリに携わる職業です。
理学療法士になりたい、という思いを抱く人は年々増えているのですが、理学療法士になるには資格を取得していないと、なることが叶いません。
ここでは資格についても含め、仕事内容や国家試験についてなど、理学療法士になるための様々な情報をご紹介します。


  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の理学療法士科が執筆しています。

理学療法士について

理学療法士とは

理学療法士は、事故や病気がきっかけで身体に障害を持つ方や、高齢による身体機能の衰えをリハビリとしての理学療法によって、運動能力の回復をサポートする仕事です。
理学療法士は「Physical therapist」を略して「PT」と呼ばれます。
作業療法士が、日常生活の細かな動作の回復を目指す一方で、理学療法士は、基本的な身体機能の回復を専門としています。

特長

理学療法士は、身体構造を把握した上で、その人にあったリハビリ計画を練って、「運動療法」「物理療法」などの手法を取り入れ、身体の機能を引き出し、回復することを目指します。
理学療法士の専門としては、基本的な身体機能全般の回復と生活の向上を目指すことです。

仕事内容

リハビリで理学療法士が実践することには、2パターンあります。

  • 運動療法
    患者さんに運動をして頂くことで、関節の動きを滑らかにしたり、筋力の回復を目指していきます。
    脳卒中や骨折などにより、歩行が難しい患者さんに対して歩行訓練などを行います。
  • 物理療法
    温熱、水、赤外線、電気刺激など、機械を用いた物理的な手段で治療を行います。
    理学療法士は、患者さんの治療が主な業務であり、その中で看護師などの他の医療チームのスタッフと連携して、仕事をする場面も多く存在します。
    そのため、理学療法士は多くの人と関わりあうので、コミュニケーション能力や様々な分野に対して興味を持つ力が必要になるでしょう。

>>理学療法士の仕事内容の詳細はこちら

理学療法士になる方法

理学療法士として働くためには、国家試験に理学療法士になるには、国家試験に合格して国家資格を取得することが必須となります。
そのために、まずは受験資格を満たさなければなりません。
理学療法士の国家試験の受験要件を満たすには、理学療法士の養成課程が実施されている学校で3年以上学び、卒業する必要があります。

専門学校と大学の違い

理学療法士になるための学校を選ぶ際の選択肢には、専門学校(4年制・3年制)と大学(4年制)があります。
理学療法士の国家試験は、専門学校と大学、どちらで学んでも受験資格を得られます。
専門学校と大学の違いは、学ぶ目的にあります。
専門学校教育の目的は、理学療法士の国家試験に合格し、就職することです。そのため、理学療法に関しての専門知識や技術など、理学療法士として働くために必要な専門科目の授業割合が高く、手厚い就職支援があります。
大学教育の目的としては大卒資格や学位の取得、その次に理学療法士の国家資格取得があります。学びとしては理学療法の専門分野だけでなく、一般教養や語学などの学習も必要になるため、専門科目の授業割合は専門学校と比べると少なくなります。
大学では理学療法士以外への就職の可能性を考えることができます。理学療法士になるという決意がまだ固まっていなかったり、医療福祉を学んだ上で様々な可能性の中から進路を考えたいという人には大学をおすすめします。
しかし、「国家資格を取って理学療法士として就職する」という決意が固まっており、一つのことに集中して学びたい、より専門性を磨きたい、という人には、専門学校がおすすめです。

>>理学療法士養成校の専門学校と大学の違いの詳細はこちら

理学療法士に必要な能力

理学療法士になる上では「人と接することが好き」という気持ちが何よりも重要です。
治療の対象者を支援する仕事なので、毎日多くの患者さんと接する以外にもそのご家族の方とコミュニケーションを図る時間が非常に多い仕事です。
そして、コミュニケーションの中から相手が何を考えて、何を求めているのかを敏感に察知する能力が重要になります。
患者さんやそのご家族の方が何をサポートして欲しいのかを正確に汲み取ることができるようになれば、理学療法士として活躍できるようになるでしょう。

>>理学療法士に必要な能力とはこちら

理学療法士の国家試験について

受験資格

理学療法士になるための国家試験を受験するには、養成校にて3年以上学んだ上で卒業し、受験資格を得なければなりません。
養成校として指定されている4年制の大学や3年制の短期大学、3年制もしくは4年制の専門学校や特別支援学校にて、知識や技術を習得する必要があります。
ちなみに、作業療法士の資格を既に持っている場合は、養成校に2年以上通うことで受験資格を得られます。
そして、外国で理学療法士の資格を取得した場合は、定められた手続きを行って厚生労働大臣より認定を受ければ、日本の養成校に入学せずに、または不足した単位を取得するだけで受験資格を得られます。

試験内容

一般問題(7科目+理学療法)と実地問題(4科目+理学療法)に区分された各科目について筆記試験が行われます。
試験科目は、一般問題が「解剖学」「運動学」「生理学」「病理学概論」「臨床心理学」「リハビリテーション医学(リハビリテーション概論を含む)」「臨床医学大要(人間発達学を含む)」及び理学療法、実地問題が「運動学」「臨床心理学」「リハビリテーション医学」「臨床医学大要(人間発達学を含む)」及び理学療法となっています。

登録・更新手続きについて

理学療法士になるための国家試験に合格したのち、理学療法士免許を正式に取得するためには登録申請が必要になります。
この手続きを行わない場合、厚生労働省が管理する有国家資格者の名簿に登録されないため、理学療法士として業務に当たることができません。もし未登録の状態で業務を行ってしまうと、行政処分を受ける対象になってしまうため注意が必要です。
手続きとしては、申請書類などを保健所に提出する必要があります。
厚生労働省によって定められた様式の免許申請書に加え、本人確認のための戸籍抄本、健康診断書など必要書類一式を、住所地の保健所に提出するという形です。

なお、理学療法士の国家資格は更新制ではありません。一度取得してしまえばそのまま半永久的に資格が与えられた状態になるため、定期的な更新手続きなどは不要となっています。

資格取得のメリット

理学療法士という職業自体にやりがいや意義はあるのですが、そもそも資格という面だけを見てみてもメリットがあります。
理学療法士も含めて職業の国家資格は、専門的な知識や技術を有する人にしか得られないため、持っているだけでも凄いことです。
特に理学療法士の場合は、人を助けられる知識や技術を持っている、と国から認められた事になります。
やりがいを感じられるかはその人次第になりますが、依然として理学療法士の需要は高いため、人を助けたいという思いがある方にはピッタリの資格ではないでしょうか。

理学療法士のスキルの上達には

理学療法士として活躍するには、細かいことにも気を遣えるようになることです。リハビリの中で、患者さんの小さな動きや変化に敏感に捉え、分析する力が必要になります。
少しの変化が身体の信号になっていることもあるので、それに気づくかどうかで理学療法士の手腕が問われます。
そのため、理学療法士として活躍するには、資格習得のための勉強だけでは養えない「小さな変化に気づく力」を身につけることです。

神戸医療福祉専門学校三田校の理学療法士科では

神戸医療福祉専門学校では、3400時間を上回る4年制のカリキュラムとなっているため、理学療法士として確実に学ばなければならない知識や技術だけでなく、社会性などを身につけられるので、即戦力の理学療法士を目指すことができ、努力次第では誰もがなることができます。

理学療法士に向いている人

理学療法士の適性の基本的なこととしてまず挙げられるのが、人と接することが好きであるということです。
リハビリテーションの現場で仕事をしていると、毎日たくさんの患者さんと接する機会があります。また、患者さんだけではなくそのご家族や、周りで働く医師や看護師、その他の職員など、人とコミュニケーションをとることが非常に多いのです。
人に思いやりを持って接することができる人は、リハビリテーション職に向いていると言えるでしょう。
また、人の変化に敏感であるということも理学療法士の適性とされています。
リハビリテーションを行う中で理学療法士は、普通は見逃してしまうような細かな症状や変化に対して、立ち止まって考えることが必要とされています。人の体の小さな異変は大切なシグナルになっている可能性があり、そこをすくって改善することがリハビリの効果をさらに高めるかもしれないためです。
患者さんとの普段の会話や何気ない動きの中で意識せずとも細心の注意を払うことが、理学療法士に求められているのです。

>>理学療法士に向いている人とはこちら

理学療法士のやりがい

理学療法士は、怪我や事故など何かしらの理由で身体に障がいを持つ方に、理学療法の観点からリハビリを行なっていく職業です。
ですが、リハビリに対して前向きな患者さんもいれば、身体以上に心にダメージを負った患者さんもたくさんいます。
そのため、心に傷を負った患者さんが前向きにリバビリに取り組むようになった姿を見ると、そこにやりがいを感じるという理学療法士は数多くいます。
リハビリを通して患者さんに前向きになってもらうためには、ご家族とのコミュニケーションも必要ですが、しっかりと患者さんに寄り添わなければなりません。
最初は上手くいかない事が続くかもしれませんが、やりがいを感じるためには、患者さんに頑張ってもらうのではなく、まずは自分が頑張る必要があります。

理学療法士を志すきっかけ

理学療法士を目指す人の多くは、退院した患者さんがいつもと同じように生活できる姿を見たときに、やりがいを感じるようです。
医療業界は、他の職種では味わえないような、人を直接支えられることに大きなやりがいを感じることができます。
そのため、人を支えることが好きな方は、理学療法士に向いているかもしれません。

理学療法士の活躍の場所

理学療法士の活躍の場は、非常に多岐に渡っています。

  • 病院
  • 施設
  • 地域
  • 企業

など、理学療法士は多くの場所で求められる存在です。
時代の変化と同じく理学療法士の姿も変わるため、活躍の場は更に増えてくるでしょう。

>>理学療法士の就職先一覧はこちら

理学療法士の1日

ここでは、ある理学療法士の1日の勤務の流れを説明していきます。
朝出勤すると、まずミーティングからスタートします。ここではその日に必要な連絡事項や、その日に対応する患者さんの状態などを共有します。
理学療法士の仕事では、周りで働く医師や看護師など他職種の人たちと連携が必要になるため、この朝のミーティングはとても重要なものなのです。全体での共有のほか、個々人で必要な細かな伝達事項などもこの朝の時間に確認していきます。
ミーティングが終わると業務の準備に取り掛かります。理学療法士の場合は、理学療法に必要な道具の準備が中心になります。理学療法では大きな道具なども必要になってくるため、あらかじめ準備しておくことでリハビリテーションがスムーズに進むのです。
その後、理学療法の訓練が始まります。リハビリ室での歩行訓練や、入院患者の病室に行って上半身による軽い動作訓練などを行います。その後は医師と共に病棟を回診し、患者さんの回復状況を確認した上でリハビリ計画の調整などを行います。
夕方にはその日の業務を一通り終了し、リハビリの様子や回診の際に気づいた患者さんの状態などをカルテに入力していきます。振り返りや次の日の業務の確認などを済ませたら、退勤となります。

理学療法士の給与

理学療法士の平均年収は、サラリーマンの平均年収よりもやや低い程度だと言われています。
ですが、その結果が算出された背景には、理学療法士として働いている年齢層が20代や30代が多いことが挙げられます。
そのため、現在活躍している理学療法士が実力と経験を積んでいけば、更に給料がアップする事が見込まれます。
実際に、数年毎に理学療法士の平均年収はアップしている結果も同時に算出されているため、これからもますます伸びることが期待できる職業と言えます。

>>新卒理学療法士と新卒サラリーマン(大卒)の初任給についてはこちら

理学療法士の現状と将来について

少子高齢化が進む社会で、リハビリの需要はこれからも大きくなっていきます。
そのため、理学療法士はこの先よりなくてはならない職業になります。
理学療法士になるだけでなく実際に活躍するには、業務に関連する資格を併せ持ったり、資格取得後も他分野の知識を積極的に学び、日々の業務に応用していくことができれば、国家資格を生かして働き続けることができるでしょう。

>>理学療法士の将来性についてはこちら

まとめ

理学療法士になるためには、国家資格を取得しなければなりません。
そのためには理学療法士の学校に通い、知識や技術を身につける必要があります。
また、理学療法士として活躍するためには、資格取得後も他の分野のことも学び続けて専門性を深めていかなければなりません。
ゴールが理学療法士になることではなく、理学療法士としてどのように患者さんをサポートしていくかが大切になります。