介護福祉士になるには

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の介護福祉士科が執筆しています。

介護福祉士という職業をご存知の方は、多いのではないでしょうか。
介護福祉士は介護の専門家であるからこそ、数多くの人を助けられるため、やりがいも見出しやすい職業です。
では、そんな介護福祉士になるにはどうしたらいいのでしょうか。
ここでは、介護福祉士になるための方法をご紹介しつつ、その他にも関連した情報を詳しくご紹介します。

 

 

 

 


  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の介護福祉士科が執筆しています。

介護福祉士について

介護福祉士とは

介護福祉士とは、日常生活が困難な高齢者や身体障がい者に対して、食事や入浴、排泄などの身体介護を行う仕事です。
さらに、介護だけではなく介護をしている家族に、助言やアドバイスをする役割も担っています。
介護福祉士と似た資格の一つに、「介護職員初任者研修」が存在します。
介護職員初任者研修が公的認定資格に対し、介護福祉士は国家資格という違いがあります。ですので、介護福祉士の方が試験の難易度が高く、なるために取得するまでの期間が長くなります。

特長

介護の仕事の名称には「ケアワーカー」「介護職員初任者研修」「介護職員」など様々な名称があります。
一方で国家資格の所有者だけが介護福祉士になることができるため、その名称を名乗れるというのは、とても大きな意味があります。
そのため、介護福祉士は最も信頼のおける資格とも言えるでしょう。

仕事内容

介護福祉士の仕事には、大きく分けて4つに分けられます。

>>介護福祉士の仕事のやりがいの詳細はこちら

身体介護

食事や衣服の着脱、入浴から排泄まで、日常生活をサポートします。
また、ベッドから車椅子への移動、自動車の乗り降り、歩行補助、といった力を必要とする仕事もあります。
利用者の方々によって、日常生活の困難な点は違ってきます。
そのため、利用者が何を望んで、何をサポートしてほしいのかを考えることが、何よりも大切になります。

生活援助

食事仕度、洗濯、整理整頓、掃除などの家事全般をサポートもします。
直接的に身体を介護する仕事とは異なり、家事をサポートすることになります。
家事においても、その家のやり方などがあるため、利用者や家族に配慮してサポートします。

相談・助言

利用者の方々を介護するだけではなく、家族にも生活や身体、介護に関する相談や助言を行うことも仕事の範囲です。
そのため、介護に関する知識や技術を熟知する必要があります。
ゴールが介護福祉士になることではなく、なってからも日々勉強し続けていく姿勢が非常に大切です。

社会活動支援

介護を受ける方は、比較的孤立しがちです。
そのため、家族や近隣の方と友好的な関係を築けるようにサポートする役割があります。
このように、介護福祉士の業務範囲は多岐に渡ります。

給与

雇用形態や勤務先によって異なりますが、施設で働く職員の月給はおよそ15〜17万円ほどで、年収にして250〜400万円ほどとなっています。
さらに、上位資格である介護支援専門員(ケアマネージャー)の資格を取得すると、待遇面で優遇されることもあります。
また、パートやアルバイトの求人もよく出されており、時給800〜1300円ほどで働くことができます。
資格と隙間時間を活用して働きたいと考えている方には、働きやすい環境かもしれません。
>>介護福祉士の給料や年収の詳細はこちら

介護福祉士になる方法

介護福祉士になるには資格を取得する必要があるのですが、これまでの経歴によって、介護福祉士の受験資格を満たす期間が変化してきます。
要件を満たすためには長い時間がかかる場合もあるので、しっかりと確認しておきましょう。受験よりも受験要件を満たす方がハードルが高かったりもします。
そのため、介護福祉士養成学校に通うなどして受験要件を満たしながら、しっかりと介護福祉について学ぶようにしましょう。
また、受験する方によく見られるのが、受験のためもしくはなるための勉強になってしまうことです。学ぶ学問は、どれも実践の場で活用するものです。
そのため、実践のための勉強をするようにしましょう。
ここの意識改革をすることで、介護福祉士として信用され活躍できるかどうかが分かれてきます。

介護福祉士の資格

介護福祉士の資格は、介護職の中でも唯一の国家資格となっています。そのため、介護職の中では難易度が高く設定されています。
資格取得のルートとしては、「介護福祉士実務経験ルート」「福祉系高校ルート」「養成施設ルート」があり、自分の現状と照らし合わせて道筋を立てることになります。
福祉系の高校や大学を出ていない人でも、なりたいという気持ちさえあれば、取得を目指すことが可能な資格です。
>>介護福祉士の資格に関しての詳細はこちら

資格取得ルート

介護福祉士になるために国家資格を取得するルートは、自分のこれまでの経歴によって異なります。
福祉系高校から介護福祉士を目指すルートでは、卒業後に9ヶ月以上の実務経験を積んだ後、受験資格を得ることができます。
また、「介護技術講習」を受講した場合、国家試験の実技試験が免除されます。
このように、同じ高校卒業ルートでも講習一つで試験内容が変わってきます。
そのため、自分自身のこれまでの経歴と受験要件をしっかりと確認して、受験要件資格を取得しましょう。

国家試験について


介護福祉士の国家試験は筆記と実技で年に1回ずつ実施されています。
筆記試験はマークシート形式で、全125問出題されて約60%の正解率で合否が決まります。
受験料は、15,300円となっています。
出題科目は「人間の尊厳と自立」「人間関係とコミュニケーション」「社会の理解」「介護の基本」「コミュニケーション技術」「生活支援技術」「介護課程」「発達と廊下の理解」「認知症の理解」「障害の理解」「こころとからだのしくみ」「医療的ケア」「総合問題」の13科目の中から問題が形成されます。
試験時間は午前と午後で分かれており、午前の部は10:00〜11:50、午後の部は13:45〜15:35の220分で試験が実施されます。
>>介護福祉士の資格についての詳細はこちら

介護福祉士と初任者研修(ヘルパー)の違い

介護福祉士の他に、初任者研修(ヘルパー)という似ている仕事が存在します。
実際、仕事内容には違いがあるものの具体的にはどのように違うのかを把握できていない方は多いと思います。
まず、大きな違いとして資格の有無が関係しています。
介護福祉士は国家資格であるのに対して、初任者研修(ヘルパー)は認定資格となっています。
そのため、介護福祉士は介護現場では最上位資格として認識されています。
介護業界で働く人たちは、介護福祉士になるために資格を目指していると言えます。
>>介護福祉士とホームヘルパーの違いについてはこちら

資格取得のメリット

介護福祉士になるために資格を習得するメリットはいくつか存在すのですが、その1つが待遇です。ヘルパーと異なり介護福祉士は国家資格にあたるため、職場によって違いはありますが、待遇は基本的に良くなります。
また介護福祉士は専門職であるため仕事の幅が広がるようになり、時には介護の現場の責任者として、管理職を任せられるようになります。
そして何よりも、超高齢社会へ突入しつつある日本において、介護の専門家はとても貴重な存在です。
これからもますます需要が上がり続けることが予想されるため、職を失う可能性はとても低いです。
そのため給料面以外でも、このように資格を取得するメリットがあるので、介護福祉士になるための資格は取得しておいた方が良いです。

介護福祉士の養成施設

介護福祉士になるための国家試験の受験資格を得るための方法には、養成施設ルートと呼ばれるものがあります。これは厚生労働大臣指定の介護福祉士養成施設を卒業することで受験資格が得られるというものです。
養成施設には4年制大学、短期大学、専門学校などがあります。これらの学校に、普通科の高校を卒業した人であれば2年以上、福祉系大学や社会福祉士養成施設、保育士養成施設のいずれかを卒業した人であれば1年以上通う必要があります。
>>介護福祉士の養成施設についての詳細はこちら

神戸医療福祉専門学校中央校の介護福祉士科では

神戸医療福祉専門学校では、国家試験の対策をしっかりと行えるので、知識を身につけながら、現場で即戦力として活躍できる技術も身につけることができます。
ですので、介護福祉士になるために効率よく2年という時間を過ごすことができるのです。

介護福祉士に求められること


介護福祉士には、「人と接することが好き」という気持ちが何よりも必要です。
介護福祉士は、利用者の方々やその家族の方から苦情をいただくこともあります。
たくさんの方と接する仕事なので、ストレスを感じやすい仕事でもあります。
しかし、そのストレスを感じても人と接することが好き、人を支えることが好きという気持ちを持ち続けることが、なによりも大切になります。
>>介護福祉士に向いている人の詳細はこちら

介護福祉士のスキルの上達には

介護福祉士になるだけでなく、誰よりも活躍するためには、冷静に問題を分析することが求められます。
心身に障害のある方は、何かしらの不安や心配事を抱えています。
その不安に、耳を傾け最善の解決策は何かを考えていかなければなりません。
そのため、客観的に物事を判断し、助言する力が介護福祉士として成長するために必要です。

介護福祉士になるための基礎的な学問

介護福祉士の試験は13科目という広範囲から出題されます。
そのため、福祉系の学校で福祉の教科を学んでいた人にとっては勉強に取り掛かりやすいかもしれませんが、初めて福祉を学ぶ人は専門用語や法律用語などに四苦八苦するかもしれません。
そのため、介護福祉士になるために必要な勉強は、効率的に進める計画が必要になります。

>>介護福祉士になる基礎的な学問の詳細はこちら

介護福祉士を志すきっかけ

介護福祉士を志すきっかけは、人によって大きく異なります。
しかしどの方も根底にあるのは、人の役に立ちたい、人を助けたいという強い気持ちです。
介護福祉士は何となくという気持ちでは、介護福祉士になるだけでも厳しいですが、仮になったとしても続けることが難しい仕事です。
それだけ、体力も精神も大変な仕事なのです。しかしその分、やりがいもある仕事と言えます。
志すきっかけは人それぞれですが、介護福祉士として多くの人から信頼されて活躍している方は、強い思いで仕事をしているのです。

>>介護福祉士を志すきっかけについて詳しく

介護福祉士の活躍の場所

介護福祉士の活躍の場は、年々増加してきています。
少子高齢化によって介護を受ける方が増えてきている分、ニーズも多様化しています。
そのため、以前と同じような画一的な介護だけでは仕事が難しいのです。
最近では「住宅サービス」「施設サービス」「地域密着サービス」といった領域で介護福祉士が活躍しています。
様々な場所で活躍できるようになった分、介護福祉士には多くのことが求められるようになりました。
これからの介護福祉士は介護福祉のみならず、違う分野の知識も多角的に学ばなければなりません。

神戸医療福祉専門学校中央校の介護福祉士科では

神戸医療福祉専門学校中央校では、就職実績100%で求人件数も730件と豊富に取り揃えています。
つまり、介護福祉士になると心に決めている方にとって、非常に夢に近づける学校とも言えます。

介護福祉士の現状と将来について


少子高齢化社会のため、高齢者の割合が高まり、それに伴い介護福祉士の需要も高まっています。
また人材不足が叫ばれている業界なので、介護福祉士は非常に需要の高い仕事です。
今後は、資格自体の専門性が高まっていくことが予想されるため、介護福祉士としての仕事が安定して存在し続けるでしょう。
そのため、将来の選択肢として介護福祉士になるというのは、とても魅力的なのではないでしょうか。
>>介護福祉士の今後や将来性に関してはこちら

介護福祉士と社会福祉士の違い

介護福祉士が実際に身体的な介護や身の回りのサポートを行う仕事であるのに対して、社会福祉士は介護サービス利用者やそのご家族への相談業務、および助言や指導などを行う仕事です。
介護福祉士は困っている人に実際に手を差し伸べる直接的なサポートであり、社会福祉士はその人の生活や環境を整えるトータルサポートであるということを理解しておくと良いでしょう。

>>介護福祉士と社会福祉士の違いの詳細はこちら

介護福祉士と看護師の違い

介護福祉士と看護師には、職種に大きな違いがあります。
介護福祉士は、要介護者などの日常生活をあらゆる形で支援していくという業務にあたっている「福祉職」です。
それに対して看護師は、患者が療養する上での世話や診察の補助などといった業務にあたっている「医療職」です。
それぞれの定義からわかるように、介護福祉士と看護師にはその職種に大きな違いがあるのです。
>>介護福祉士と看護師の違いについての詳細はこちら

まとめ

介護福祉士になるには、国家試験を取得しなければならないため、誰でも簡単になることができる職業ではありません。
なるために国家資格を取得しようとするなら、介護福祉士養成施設を卒業する、そして実務経験を積むなどしなくてはなりません。
しかし、常に人材不足が続いている業界なので、介護福祉士の需要は非常に高いです。
少子高齢化の社会のため、一人一人のタスクが多くなっているため、行う業務が増えてきています。
これからの介護福祉士に求められることは、利用者のニーズに応えられるように、効率よく業務を進める能力かもしれません。

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 中央校>
鍼灸・介護・精神
住所〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
お問い合わせ078-362-1294
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/