理学療法士の就職先とは

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の理学療法士科が執筆しています。

リハビリテーションを専門とする理学療法士は、医療現場を中心に様々な場所で活躍しています。
国家資格であるという信頼性と就職率の高さから、有資格者である「理学療法士」は年々増えているようです。
それでは、理学療法士は一体どのようなところに就職することができるのでしょうか。
今回は、理学療法士の就職先について詳しくお話ししていきます。

  • この記事は、神戸医療福祉専門学校の理学療法士科が執筆しています。

理学療法士の主な就職先

医療機関

病院などの医療機関は、理学療法士の就職先で最多となっています。
総合病院など複数の医療科のある病院に努める場合には、対象となる疾患も多岐にわたり、内科や整形外科、脳神経外科や心臓外科などの患者に対応することになります。そのため総合病院に勤務する理学療法士は、怪我や脳卒中による麻痺などによって身体機能が低下した人のリハビリテーションだけでなく、入院している高齢者の体力低下を予防したり、がん患者の体力維持のための訓練などといった業務も行います。
そのほか、個人医院の場合には整形外科での勤務が基本となっています。
また、近年はスポーツリハビリテーションが広く認知され始めています。そのためスポーツ選手への治療や、部活動で身体機能の向上が求められる学生などにも指導や治療を施すことが多くなっています。

高齢者向け施設

老人ホームなどといった高齢者向けの施設でも理学療法士が必要とされています。
病院では患者の身体機能の回復に努めることが多い一方、老人向けの施設では体力や運動能力の維持を目的にリハビリテーションが行われることが多くなっています。
しっかりとまっすぐ歩けるかどうか、転ばないように歩けるかどうかなど、基本的な運動能力を維持するためのリハビリテーションが求められるのです。
また、運動機器を用いて行われるパワーリハビリテーションというリハビリ方法の指導を行う機会もあります。

地域の施設

地域の保健センターなどに勤務し、その地域に住む高齢者を対象に開かれる健康関連のセミナーの講師を任されたり、子供たちの発達に対しての助言を行ったりする理学療法士もいます。
また、在宅治療に専念している方のご自宅に足を運び、在宅でのリハビリテーションをする場合もあります。

企業


意外にも、一般企業に勤めて活躍している理学療法士の有資格者もいます。
例えば出版社において医療書籍の執筆や編集をしたり、医療機器メーカーで福祉関連の機器の販売や製造業務を行ったりなど、理学療法士としてのノウハウを生かして一般企業で活躍することが可能なのです。

まとめ

並べてみると、実に多くの場所で理学療法士が活躍していることがわかりますね。
有資格者の数が増えてきているとはいえ、社会において理学療法士の需要は高まっています。
意志を持って仕事に取り組む気持ちがあれば、活躍の場はいくらでも用意されていると考えられます。
自分がどのような形で社会に貢献したいのか、しっかり考えて就職先を定めていきましょう。

理学療法士になるには覚えておきたいこと

理学療法士を目指すなら神戸医療福祉専門学校で学びませんか?

神戸医療福祉専門学校なら、理学療法士の国家試験合格率が83.0%!(2016〜2018年度)。

1年次から国家試験対策を行い、本番の試験を想定したマークシート方式の模試を実施、その結果を1人ひとり個別に分析します。学生の理解度を把握した上で個別指導を行うなど、きめ細かなサポートで国家試験合格率100%を目指します。

選べる2年制・1年制のカリキュラムで、1年制はいち早く就職へ、2年制は応用力を身につけプロの道へと進むことができます。

在校生の声

「地域の患者さんが来校し、リアルな実習ができる。」(理学療法士科4年生)

「集中して勉強できる4年制専門学校を選びました。」(理学療法士科4年生)

>>在校生の声の詳細はこちら

ご興味がある方はぜひ以下のリンクより学校の詳細をご覧ください!

監修・運営者情報

監修・運営者<神戸医療福祉専門学校 三田校>
理学・作業・言語・救急・義肢・整形靴
住所〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
お問い合わせ079-563-1222
詳しくはこちらhttps://www.kmw.ac.jp/