教えて!オープンキャンパスに行く理由★鍼灸科編

夏休みのオープンキャンパスは終了しましたが、9月以降もオープンキャンパスはまだまだ続きます!

よく高校の先生や進路ガイダンスの講師の先生から、
「オープンキャンパスに行った方がいいよ!」と言われるかと思いますが、
それはいったい、なぜなのでしょうか?

今回は鍼灸科の古屋野 雅希さん(米子北高等学校 出身)に
その理由を聞いてみました☆

古屋野さん1

古屋野さん「僕は高校時代、スポーツトレーナーになりたいと思っていました。所属していたサッカーチームのトレーナーの方や、部活の顧問の先生に相談したところ、国家資格で独立開業が出来る鍼灸師を目指してみてはどうかとアドバイスを頂きました。全国の様々な専門学校を調べたところ、国家試験の合格率が高く、スポーツ分野の授業が充実している神戸医療福祉専門学校中央校 鍼灸科に興味をもち、オープンキャンパスに参加しました。神戸医療は先生と学生の距離が近く、分からないことがあっても何でも質問しやすそうだと感じ、神戸医療の鍼灸科に決めました。」

古屋野さんにとっては、実際に教えて下さる先生や、実際に学んでいる学生さんの雰囲気や、
その距離感、関係性を、オープンキャンパスで感じることが出来たみたいですね!

みなさんもオープンキャンパスに参加して、先生や学生さんから話しを聞き、
実際の雰囲気を体感してみてはいかがでしょうか?

★9月のオープンキャンパスの日程はコチラから★