【救急救命士科】鳥取県サッカー部出身!在校生インタビュー★

こんにちは!救急救命士科です。

5月も終わりが近づいてきました。高校生の皆さんは中間テスト真っ只中だと思います!

ベストが尽くせるように頑張ってくださいね!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

さて、今年の4月から救急救命士を目指して頑張っている在校生を紹介します!

今回は、鳥取県立八頭高等学校サッカー部 出身の村上 拓也くんです(^^)/

_MG_0427

本校には、全国各地から入学しており、鳥取県の消防署にも就職実績もあります。

近年では、

・鳥取西部広域行政管理組合消防局

・鳥取東部広域行政管理組合消防局 などがありますよ!

また、村上君の出身である鳥取県立八頭高等学校の卒業生で三田校の救急救命士科に入学されている方も多くおり、皆さん消防に勤められています!

 

①なぜ救急救命士になろうと思いましたか?理由を教えてください。

元々、医療の最前線に立ち、人を助ける姿に憧れていました。

そして、部活でサッカーをしている中、友達が倒れた時に駆けつけて下さった救急隊の迅速な対応を見て、「救急救命士として人の命を助けたい」という気持ちが固まったのを覚えています。

②なぜ三田校を選びましたか?

最短の2年で救急救命士の資格を取ることができ、数多くの実習、経験豊富な先生方や卒業生からの学びで日々成長できると思ったからです。

また、国家資格の合格実績も連続で100パーセント出しているのも三田校だけでした。

③実際に三田校で勉強していて感じていること、思っていることは何ですか?

同じ夢に向かっている仲間が集まっているので、良い緊張感を持ちながら学んでいます。お互いアドバイスを言い合いながら、一つでも上のステップを目指して取り組めているという実感があります!

④将来はどのように活躍したいと考えていますか?

三田校で学ぶ知識や技術を活かし、現場で人命救助ができる救命士、感謝や信頼していただける救急救命士を目指します!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

村上くん、ありがとうございました!

人の命を助けたい、その思いを強く持ってこれからも頑張ってくださいね★

 

6月1日より受付開始!AO入試エントリーに直結のオープンキャンパスはこちら!

5月27日(土)12:30~16:00 「救急隊が使う搬送機材を体験しよう!」

5月28日(日)12:30~16:00 「AO入試対策講座」

ご予約はこちらから!