【整形靴科】ミシンを使った授業♪

こんにちは!入学事務局の馬本です。

雨模様が続き、気温が下がっていますが、みなさん体調管理をしっかりされていますでしょうか。

本日は、整形靴科で「ミシン」の作業を中心とした授業をレポートいたします!

a

靴作りの工程では、パターンデザインという靴の型紙をもとに、靴の皮の部分を靴専用のミシンを使って繋ぎ合わせていきます。整形靴科1年生では、7月からこの作業を含めた本格的な靴作りが始まっていきます。

b

最終的な靴の完成図

 

いまは、そのパターンデザインを描く作業工程を学ぶと同時に、靴作りの基礎となるハサミやミシンの技術の向上を目的とした授業が実習では中心になっています。

 

c d

ハサミで皮の縁を切り出したり、ミシンで皮を縫いつけたり・・・。

細かく縫ったり、大きく縫ったり、皮を縫うのにもさまざまな種類があります。徐々に慣れていくことが大切なので、先生からもアドバイスをもらいながら取り組みます。

靴作りの上で欠かせない、この皮をハサミで切り、縫い合わせていく作業は、

6/13(土)の「ミニシューズ作り」で体験していただけます!

e

お持ち帰りいただけるこのミニシューズ作りは、皮の色を選ぶところから開始するので、皆さんそれぞれのこだわりで製作いただけますよ♩

整形靴科 人気の体験メニュー★「ミニシューズ作り」

6/13(土)10:30~15:30

ランチつき♪ 初回参加の方は交通費一部サポートつき♪

ご予約はこちらから https://www.kmw.ac.jp/oc/of/#oc613

整形靴科ページはこちらから  https://www.kmw.ac.jp/gakka/of/