BLOG

【鍼灸科】大好評シリーズ 教員紹介No.1

鍼灸科/中央校

2022.8.4

皆さんこんにちは。神戸医療福祉専門学校中央校で本年度から鍼灸科の専任教員として入職した勝山周斗です。

今回は私が教員に至った経緯と教員として大切にしたいことについて掲載したいと思います。

まず教員を目指すきっかけについてですが、これはたくさんの恩師の方々との出会いがあったからだと思っています。

私は大阪で生まれて昨年まで大阪で育ちました。物心がついたころからずっとサッカーをしていました。また、テレビや本を見る中で「人を支える立場・仕事」に魅力を感じるようになりました。「人を支えること」を好きなサッカーの現場で落とし込むことはできないかと中学生ながらに考え「スポーツトレーナーを目指す」という目標ができました。

大阪の公立高校には体育科を設置している学校が4校あり、その中にはとても設備の整った学校があったため、そこなら選手を支えるための勉強ができると思い入学しました。

そこで出会ったサッカー部の顧問の先生が自身にとても大きな影響を与えてくださいました。サッカー部は大阪の中でもかなりの強豪校で100名以上の生徒が切磋琢磨している環境でした。そんな中、自分は顧問の先生の所に行き、「選手としてよりもチームメイトを支える立場で活躍したいです」といいました。「やる気があるのか?」と怒られるんじゃないかと恐れながらに伝えましたが、先生は「面白いやつが来た。こっちの練習も必要やで。」と言ってくださり、テーピングをもらいました。それからは選手として試合に出つつもテーピングや応急処置の勉強をしました。3年次には所属するサッカー部だけでなく野球部や陸上部、バレーボール部などでもトレーナー活動を経験し、充実した高校生活を送ることができました。

そして当時の活動・経験がなければ今の自分はないなと思っています。

その後は鍼灸の専門学校に通い、治療の勉強をしながらトレーナー活動を継続していました。(鍼灸師を目指したきっかけはまたの機会に、、、)

そこでは先生だけでなくクラスメイトからも後押しをしてもらい教員を目指すようになりました。そして現在に至ります。

当時から人を支える側に就きたいと思いつつも、たくさんの人に支えられて生きてきたのだなと感じています。また、お互いに支え合いながら成長することが長い人生において大切なことだと思っています。

これからは学生に寄り添い、学生の個性を活かせるような指導を目指したいと思っています。また、顧問の先生のように学生の色んな価値観を受け入れながら教員生活を送りたいと思っています。そして、自身も日々成長していきたいと思っています。

 

★鍼灸科について詳しく知りたい方は→コチラ

オープンキャンパスに参加しよう!

神戸医療福祉専門学校ではオープンキャンパスを開催しています♪
実際に鍼灸師の先生からお話しが聞けます★
オープンキャンパス、オープンキャンパススペシャルでは在校生スタッフがみなさんをご案内しますので、興味がある方は是非ご参加ください!

★オープンキャンパスの情報は→コチラ

CAMPUS

キャンパス紹介

中央校

Kobeiryo Chuo

0120-480-294

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
TEL:078-362-1294

学べる学科

公式SNS

三田校

Kobeiryo Sanda

0120-511-294

〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
TEL:079-563-1222

学べる学科

公式SNS

オープンキャンパス開催中