【中央校】三田校の救急救命士科の先生・学生さんから、教職員がCPR講習を受講しました!

先日、神戸医療福祉専門学校三田校で
中央校を代表して3名の教職員が
CPR講習会とAEDの使用方法について受講してきました。

CPR 講習

今回担当して頂いた講師は三田校救急救命士科の教員と学生達です。

CPR 講習

この日実施された3時間の講習では、
傷病者の発見~胸骨圧迫の方法(圧迫する部位、強さ、回数等)について講義と実技を受けた後、
AEDの使用についての講義と実技を学び、最後には症状別のシミュレーション実習も実施しました。

CPR 講習

皆さんは、AEDの存在は知っている人も多いかもしれません。

CPR 講習

では、万が一、目の前で人が倒れた、倒れている人を発見した際に、このAEDをどのように使用するか知っていますか?

皆さんのイメージでは電気ショックを与える道具という認識が多いかと思います。

実はAEDは傷病者に意識がなく、
普段の呼吸をしているかどうかよく分からない時にも使用する事が出来るのです。

AEDは電源をつけると音声メッセージが流れ、
それに従って操作すれば心電図の解析が自動的に始まります。

目の前で倒れている傷病者が電気ショックが必要かどうかの判断をAEDがしてくれるのです。
 
皆さんの住む町のどこにAEDが設置されていて、
どのように使用するかさえ知っていれば、私達は救急車が来るまでの間に、
目の前の傷病者の大切な命をそして大切な人を救急救命士に繋ぐ事が出来るのです。