BLOG

徳島県出身の作業療法士科学生にインタビュー!

作業療法士科

2021.4.23

みなさん、こんにちは!

神戸医療福祉専門学校三田校 入学事務局の大槻です。

今回のブログでは、遠方に住む高校生の皆さんへ「進学のためになる」ブログをお届けします!!

第1回目のブログでは、福井県出身の学生さんにインタビューしています!

第2回目のブログでは、京都府出身に学生さんにインタビューをしています。

まだ見ていない方は、この後是非ご覧くださいね☆

今回は、徳島県出身の学生さんにインタビューを行いました。遠方にいながらも、三田校を選んだ理由実際の学校生活についてなど聞いてきました。

今まさに志望校を迷っている受験生のみなさんは、ぜひ作業療法士科で学んでいる先輩の経験談を読んでみて下さい!

student③


神戸医療福祉専門学校三田校 

作業療法士科3年生

高校時代の部活動:帰宅部


Q,作業療法士を目指したきっかけを教えてください。

A,進路を考えたとき、初めは通訳の仕事、スポーツトレーナー、栄養士のいずれかになることを希望していました。しかし、自身がそれぞれの仕事で働いていくイメージをしてみたときに、自分がその仕事をしている将来像が見えなかったので、諦めました。そんな時に、兄が作業療法士科の学校を受験したことがきっかけで、セラピストの存在を知りました。調べていく中で、子どもの発達に関わる勉強こころに関わる勉強身体の勉強など幅広い分野で作業療法士は必要とされていることが分かり、魅力に感じたので作業療法士を目指しました。

Q,三田校のオープンキャンパスに参加して良かったことを教えてください。

A,オープンキャンパスの際に三田校作業療法士科の先生との個別相談の時間がありました。その際に、当時僕が真剣に悩んでいた質問をしてみました。

OTを目指すべきなのか」「四国の学校に行くべきなのか

すると先生は、

「進路は焦る必要はないし、どこに行っても君ならやっていける」と

おっしゃってくれました。その時に、初めて先生対生徒ではなく、人対人として話していただけたと感じ、初めて会った高校生の僕に対して真剣にアドバイスをしてくださったことが心に残り、この学校にしよう!と決めました。

Q,三田校に入学して良かったことは何ですか?

A,自分のペースで勉強できることです。僕は今3年生なのですが、1.2年生の頃は、基礎に時間をかけてみっちりと教えて頂きました。あとは、都度気合を入れて頂ける先生に出会えたことです。どうしても自分一人で勉強をすると甘えてしまうのですが…気を引き締めるよう声をかけてくれる先生がいるので、目標がぶれることがなく頑張れています。

Q,地元を離れて生活をされていますが、どんなことが良いと感じていますか?

A,良いと感じていることは沢山あります。家事がどれくらい大変なのか、1ヶ月でどの程度生活費が必要になるのか など、社会で生きていく時に役に立つ知識を得ることが出来ました。あとは、起床から就寝まで自分で1日のタイムスケジュールを組み立てる必要があり、自然とスケジュールを組むという力を身につけることもできました。

Q,作業療法士を目指す高校生へ進路のアドバイスをお願いします。

A,進路は焦る必要はありません。一生付き合う、一種の結婚相手みたいなものなので、慎重に選んでください!もし入試や授業で間違った答えを言ってしまっても、その真実を受け入れて、そこから学び、次に何をするかを考えて頑張ってください!

近日中にインタビュー動画もUPしますので、お楽しみに!

作業療法士科の授業の事、就職の事、はこちらをご覧ください!

CAMPUS

キャンパス紹介

中央校

Kobeiryo Chuo

0120-480-294

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
TEL:078-362-1294

学べる学科

公式SNS

三田校

Kobeiryo Sanda

0120-511-294

〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
TEL:079-563-1222

学べる学科

公式SNS

オープンキャンパス開催中