BLOG

【義肢装具士科】withコロナでの装具装着体験授業

義肢装具士科

2021.3.2

今回のブログでは、義肢装具士の製作する「装具」について、授業の様子と共に解説していきます✨

装具とは

病気やケガによって体の機能が低下したり失ったり、動かすと痛みを感じる患者さんに対し、その機能を補ったり、患部を保護や支持するために使用します。

そのため、装具は使用する体の部位や使用治療方針によって沢山の種類があり、義肢装具士は、医師の処方のもとに適切な装具を選択・設計し、患者さんの体に装着し確認します。

患者さんに支給する装具は、オーダーメイドで製作されたものを基本としていますが、病気やケガの治療遂行上に必要な範囲のものであれば、既製品を支給することができます。

 

産学連携の特別講義!!

たくさんの種類がある既製品を学び、卒業後の即戦力となるような知識を得るため、日本における装具の既製品メーカーとしてトップクラスの日本シグマックス株式会社の先生方から特別講義を開催していただくこととなりました。

コロナ禍ということもあり、制限が多くある中ではありましたが、学生達のためにと工夫していただき、オンライン授業でありながらも、装着体験を含んだ授業を実施できました。

授業が始まりました!

まずは装具の種類や特長について説明していただきました。 学生達も真剣な眼差しで講義を受けています。

続いて、装着方法を動画で学び、学生達も装着体験をしました!

装具は、ひじ・手首・ひざ・足首の各サポーター×病気やケガに応じたたくさんの製品を授業資料としてご準備いただきました。

学生達は2人1組でお互いに装具を着け合い、将来の義肢装具士として一つ一つ装着手順を確認しています。

また、患者さん役の学生は、自身で体験することで装具の効果を実感します。 「ひじの動きが制限されてる!」「ひざが後ろから押される!」と大はしゃぎです✨

体験実習の中で分からないことは、zoomで繋がった先生方に個別で質問することができ、とてもわかりやすく説明していただきました。

学生達からはとても楽しかったー‼と大好評でした。

今後もコロナ禍ながらの工夫を凝らし、実際に体験して学ぶということを大切にしていきたいと改めて感じました。

授業実施にあたり、日本シグマックス株式会社の先生方には心より感謝申し上げます。

CAMPUS

キャンパス紹介

中央校

Kobeiryo Chuo

0120-480-294

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
TEL:078-362-1294

学べる学科

公式SNS

三田校

Kobeiryo Sanda

0120-511-294

〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
TEL:079-563-1222

学べる学科

公式SNS