【救急救命士科】 症例報告会・特別実習の様子をレポート!

 

こんにちは!救急救命士科です。

救急救命士科の2年生は今月、4~6日の3日間で症例報告会と最後の特別実習
を行いました!本日は、その様子を紹介したいと思います。

 

【症例報告会】
まずは症例報告会の様子を紹介します。
5月~8月にかけて臨床実習で患者様を通じて感じたことや、学んだことを発表します。
現役の救急救命士(卒業生)にも来て頂き、現場の話を交え意見交換を図ることが目的です。

2

1

一年生も来年に向け参加します。
学生は緊張しながらも、一生懸命発表していました。

3
発表後は質疑応答の時間。
卒業生や在校生からの質問に対して丁寧に返答します。
現場で活躍している卒業生からの話は、とても説得力が感じられ学生は真剣に耳を傾けていました!

                    
【特別実習】

続いて特別実習の様子を紹介します!
今回の特別実習では、前回の外傷に加え「胸痛」などの内因性疾患も交えて行いました。
卒業生が出される症例は、より本格的でした!!!

(内因性想定)
自宅で男性が意識消失した模様。
救急隊が到着し観察する様子です。

4
的確な判断と迅速な処置が必要です!

(外傷想定)
多数の傷病者が車に轢かれた状況。
より重症な傷病者から搬送するため、複数の救急隊と連携をとりながら活動しなければなりません!
5
応用力が試されます!

 

座学での講義

6

実習の後は、卒業生に講義をして頂きました!
講義内容は「意識障害、口頭指導、胸痛・腹痛」の3ブースで行いました。

実際に現場の声も交えながらの講義で、学生たちは普段の自分たちの活動を見つめ直す
貴重な時間となりました。

 

《症例報告会・特別実習を終えて》

スチューデントラリー(救命技術の学内発表)に向けて18期生全員で実習をするのも、残り2週間となりました。
毎日を大切に、全力で頑張って下さい!

———————————————————————
救急救命士科の情報はコチラ :-D から☆

神戸医療福祉専門学校三田校入学事務局
フリーダイヤル:0120-511-294
E-MAIL:info@kmw.ac.jp

———————————————————————