【救急救命士科】助産師の方から直接指導!分娩実習の様子

こんにちは!救急救命士科です。

今回は、2年生後期での「分娩実習」についてご紹介します。

分娩実習では、分娩介助、出生後の新生児の処置や母親の対応について学びます。

まずは分娩介助です。

外部から、3名助産師の方をお呼びし、直接指導を受けながら全員行います。

1

2

「おめでとうございます!!」「元気に泣いてますよ。」など、学生から様々な声があがりました。

少しでもお母さんが安心できるような声かけをするのも救急救命士の重要な役割の1つです!

病院でお産ができなくて動揺している

初めてのお産でどうしたら良いのかわからない

どんな痛みなのか不安でいっぱい…

そのようなお母さんに対して、声かけをしながらサポートします!

無事に誕生しても容態が悪いと処置が必要です。

このブースでは新生児の救命処置について学びます。

3

4

このブースは母子手帳の説明や出産後の母親の状態について学びます。

5

最後に隊活動を行い1日の総復習を行いました。

 6

産婦人科領域の救急現場は母親と赤ちゃん、2人の命に関わります。

母親と赤ちゃんの2人の命が関わる緊迫した瞬間を学ぶ、貴重な機会になりました!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

いかがでしたか?

本校では、外部の専門の先生をお呼びする特別実習があります。

どんな現場でも、対応できるよう、様々な視点で学んでおくことが大切ですね!

救急救命士科のオープンキャンパスのご案内はコチラ

まずはお問い合わせしたい方はフリーダイヤルで☆

0120-511-294

LINEでのお問い合わせも可!

LINE_CV

以下から友だち登録後、メッセージをお送り下さい☆