大学に合格したのに、なぜ進路変更で専門学校へ?【理学療法士の目指し方】

兵庫県では唯一の4年制専門学校、神戸医療福祉専門学校三田校の理学療法士科・入学事務局です!

 

実は、理学療法士科のある大学の入試に合格していた今西くん。

4年制専門学校に入学するまで、どのように悩み決断したか突撃インタビューをしてきました!

 

IMG_3752

 

【プロフィール】

今西 颯規くん

三田松聖高校出身

陸上競技部

 

 

ケガや病気で困っている人の役に立ちたい

小さな頃から身体を動かすことが好きで野球や陸上をしていました。私はよく怪我をしていて、陸上部の時は肉離れに悩まされていました。怪我をする度に、同じように怪我をした人や、困っている人の役に立ちたいと思うようになりました。

職業を調べていくと、スポーツトレーナーや理学療法士などが候補として出てきました。その中で、直接患者さまと関わることが出来て、治療ができる理学療法士の資格を目指したいと思ったことが進路を決めるきっかけでした。

 

_MG_1976

 

 

「いかに集中して理学療法士を目指せるか」を大切にしたかった

部活を9月に引退し、受験勉強を始めて、最初の頃は大学だけを目指していました。そして、入試を受ける少し前にふと、「本当にこの進路でいいんだろうか?理学療法士になれるだろうか?」という疑問が出てきました。

理学療法士になりたいという目標を叶えるために、もう少しだけ他の学校を見てみようと思い、大学だけでなく専門学校を見にオープンキャンパスに参加しました。

オープンキャンパスで先生や在校生の話を聞いてみると、理学療法士を目指す学生が集まり、協力しながら学べる環境だと聞いて魅力的に感じました。専門学校では理学療法士になるために必要な勉強を集中して学べると知り、それが進路選びの決め手になりました。

決断した時、すでに大学に合格していたので両親に反対されましたが、専門学校での学び方をオープンキャンパスで一緒に聞いてもらい納得してもらえました。

 

実力をつけるための4年間、患者さまのために理学療法士になる

学校選びのもうひとつの決め手が4年制の専門学校だということです。

将来、理学療法士の資格をとり病院で働く時、新人だろうと関係なく責任を持って1人の理学療法士として患者さまを担当する実力をつけたいと思っています。そのためには、3年制の専門学校や大学ではなく、4年制の専門学校が自分にとって一番学びやすい環境だと思いました。

 

_MG_1964

 

 

大学より専門を選んで後悔はない!

入学してよかったことは、4年間同じ目標に向かって協力しあえる仲間が出来たことです。入学して1ヶ月も経たないうちに仲良くなり、今では試験勉強に協力し合って立ち向かっています。

先生方からはどの授業も分かりやすく教えてもらえます。難しい授業では説明だけではなく実際に先生が実演をしながら説明してくれたり、質問の多かった項目は次回の授業で振り返りをしてくれたりするので、とても勉強しやすい環境だなと感じています。

 

DSC09986

 

理学療法士を目指す高校生の皆さんへアドバイス

自分が目指しているのはどんな職業なのか?本当にこの進路でいいのか?など一度自分を見つめなおしてみてください。時間をかけて後悔のない進路選択をしてください!応援しています!

 

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

今西くんありがとうございました!大きな決断の前だからこそ、時間をかけてじっくり考えたことがいい進路選択に繋がったそうです。

これから進路決定をしていく皆さんもぜひ一度時間をかけてじっくり考える時間を作ってみてくださいね!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

 

職業選びや学校選びなど進路について相談してみたい、という方は「オーダーメイドオープンキャンパス」がオススメ!高校生の方もご利用いただけます。

無題

 

 

その他の日程のオープンキャンパスや、三田校理学療法士科について詳しく知りたい方はこちらから→

PT_GAKKA

PT_OC

 

 

関連する記事はこちら

無題

無題

無題