BLOG

【整形靴科】お笑い芸人から靴職人への転身を目指す~在校生の声~

整形靴科

2019.8.7

こんにちは!整形靴科入学事務局です。

様々な経歴を持つ学生が集まる整形靴科。

今回は、元お笑い芸人である在校生に話を聞いてきました。

*********************************************

整形靴科2年

澤井 健吾さん(兵庫県・24歳)

_MG_5920

 

1. 学びなおしをしようと思われたきっかけをお教えください。

芸人としての生活も面白かったのですが、なかなか成果が出ずこの先やっていくのに不  安があって、将来的に手に職が欲しいと思ったのがきっかけです。

 

2. 整形靴科を選んだ決め手は何でしたか?

祖父が足に問題を抱えていて、いつも足に合っていない靴を無理矢理履いているのを見 て、きちんと足に合う靴について学べればと思って整形靴科を選びました

自分自身も偏平足という足の問題があり、どうすれば足に合う靴が出来るのかを学びたい気持ちもあったので、それも入学の決め手になりました。

 

3. 整形靴科のクラスはどんな雰囲気ですか。

社会人も多くいて年齢もばらばらですが、みんな仲が良く明るいクラスです。

色々な経験をしてこの学校に入ってきてる人が多いので、知らない事を聞いたり知ってい ることは情報を共有したりとみんなで一丸となって勉強できるクラスです。

10代の子に今の流行りを教えてもらったりもしてます^^

 

4. 入学後、整形靴科を選んでよかったと思われたエピソードなどあれば教えてください。

自分の手で靴を完成することが出来た時が、一番この科を選んでよかったなと思いました。

靴製作Ⅱという授業で、自分の足のサイズに木型を削って、それに合わせて短靴を作りました。

1年かけて勉強してきたことを形に出来たのでとても達成感がありました。

とはいえ、まだまだ失敗も多いのですが次はもっとキレイな靴を作りたいと意欲的になれ  るのもまた整形靴科の魅力です。

*********************************************

澤井さん、ありがとうございました。

将来を考えるタイミングで、整形靴科を知り入学を決めたという澤井さん。

「靴の世界は知らない」という方も、一から技術・知識を身につけ手に職をつけることができるのが整形靴科の特長です。

 

まずは気軽に学校見学のできる日程もご用意していますので、

学びなおし・転職に興味がある方はぜひ一度お越しください。

OF:OC

 

整形靴科の学科ページは以下のバナーからご覧ください。

OF:学科

 

おすすめの関連記事

 

【整形靴科】憧れのスポーツシューズを作りたい~社会人経験を経て入学した在校生の声~

c0811cac751093c55b029fe04f022371

 

整形靴科インタビュー:我らが靴作りの師匠!ヘルプストマイスター☆

図1

CAMPUS

キャンパス紹介

中央校

Kobeiryo Chuo

0120-480-294

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
TEL:078-362-1294

学べる学科

公式SNS

三田校

Kobeiryo Sanda

0120-511-294

〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
TEL:079-563-1222

学べる学科

公式SNS

オープンキャンパス開催中