BLOG

【整形靴科】私にピッタリ!世界で1つの靴作り体験日記【part1.採寸編】

整形靴科

2020.6.16

 

こんにちは!

入学事務局の川上です。

だいぶ暑くなってきましたね~。

やっとこさ羽織りなしで外出られるなあ…と思う今日この頃です。

 

それはさておき、

実は授業のデモ用靴を製作するため、そのモデルを務めさせて頂くことになりました…!

私、昔から外反母趾やら足が疲れやすいやらで足にはとても悩まされていました。

突然の機会を頂き嬉しさこみ上げまくりです。

 

ということで、先日早速採寸していただきました。

 

IMG_9711

 

これは「フットプリント」というものを取っています。

いわゆる「足跡」ですね。

これを取ることで足の悩みや改善策が見えてきます。

 

ちなみに私のはこんな感じ。

 

IMG_9732

 

小指が写っていないですね…これは問題あり…?

整形靴科の吉田先生曰く、

「普段靴を履いていると、小指はつく必要がなくなるのでフットプリントには写らない人も多い」

とのこと。一安心。

 

ただ「あ~偏平足気味ですね」とのこと。

偏平足…何らかの原因で足裏の土踏まず(地面につかないアーチ状の部分)が崩れた状態のこと

 

もしかすると、足が疲れやすい原因の一つかもしれません。

自分の足を分析してもらえる機会ってそうそうないので、とても新鮮でした…!

 

そしてこのフットプリント、よく見ると数値が記入されていますよね?

これは、足を採寸した際に記入した数値です。

 

IMG_9724

 

採寸の様子はこんな感じ。

親指や小指が靴に当たって痛い、などは「靴あるある」なお悩みですよね。

そういうお悩みなく、歩きやすい靴に仕上げるためにしっかりと採寸していきます。

 

私は足の形に左右差がある方らしく、左足の方が若干太いそう。

「利き足が左っていうことも影響しているのかな?」と吉田先生。

この後、骨盤位置や膝、歩き方もチェックしていただき採寸の流れは終了。

吉田先生、ありがとうございました…!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

実際に採寸してもらってみた感想。

 

靴を作ってもらう経験は初めてなので、

まず「足型だけでそんなに色々分かるの!?」と驚きでした!

フットプリントからたくさんの情報が読み取れるんですね。

 

そして、足の悩みは一体何が原因なのかを突き止め、

患者さんへのヒアリングをしつつ一人ひとりに合った靴を製作していく。

そんな世界にたった1つの自分に合う靴を作ってもらえた時の嬉しさは相当なものでしょうね(*^^*)

私も自分の足に合った靴ができあがるのがとても楽しみです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

次回は「仮合わせ編」です!

秋ごろに仮合わせを行うとのことでしたので、それまでお楽しみに◎

整形靴科に興味を持ってくださった方は

ぜひともコチラをご覧くださいませ!

CAMPUS

キャンパス紹介

中央校

Kobeiryo Chuo

0120-480-294

〒650-0015 兵庫県神戸市中央区多聞通2-6-3
TEL:078-362-1294

学べる学科

公式SNS

三田校

Kobeiryo Sanda

0120-511-294

〒669-1313 兵庫県三田市福島501-85
TEL:079-563-1222

学べる学科

公式SNS