多くの有名人もリハビリに励んだ「初台リハビリテーション病院」で働く卒業生インタビュー!

こんにちは!作業療法士科入学事務局です。

先日、東京の初台リハビリテーション病院で働く卒業生が来校してくれました!

初台リハビリテーション病院は、長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督や、サッカー日本代表のオシム元監督など数々の著名人たちのリハビリを行ったことで知られる、有名なリハビリテーション病院です。

今回は、仕事のやりがいや三田校での思い出など、いろんな お話を聞いてきました♪

******************************************************

初台リハビリテーション病院 勤務

作業療法士科 2014年度卒業生

徳賀 祥太郎 さん

IMG_0542

―徳賀さんは今どんな仕事をしているのですか?

最初の2年半は、病棟身体機能のリハビリを担当。患者さんが自宅に帰るまでのところに関わっていました。

病棟での仕事は、立てるようになったり手が動くようになったりと、患者さんの身体の変化を間近で見られるのがうれしかったです。

現在は、訪問リハビリテーションを担当しています。患者さんの自宅へ行って、日常生活のリハビリをする仕事です。

自宅に帰っても家の外に出られなかった患者さんが、一人で買い物に行けるようになったり、家族と食事に行くことができたりなど、元の生活に近づけるようにサポートできることにやりがいを感じています。

病棟でも訪問リハビリテーションでも、「先生と一緒にリハビリやってよかった」と言っていただけます。作業療法士の仕事を選んで本当によかったと思っています。

 

―三田校で過ごした学生時代で、印象に残っていることは何ですか?

クラスみんなで取り組んだ国家試験です。

それぞれ違う部分でつまづいていましたが、それをみんなで一緒に勉強し補い合って対策していきました。その結果、受験者全員合格することができました!

合格発表の時の喜びは、本当に印象に残っています。

―三田校でよかったと思うことは何ですか?

「みんなで一つの目標に向かう」というベースを学べたことです。

三田校は、一人で頑張るというよりはクラスで一緒に取り組むことが多く、集団の中で助け合いながら成長していく雰囲気がありました。

現在、職場でもチームで同じ目標に向かって取り組んでおり、三田校で学んだことが生きていると思います。

 

―作業療法士に向いていると思う人はどんな人ですか?

話を聞くのが苦ではない人、だと思います。

「人と関わる仕事=話上手でないといけない」というイメージがあるかもしれませんがそうではなく、作業療法士は話をじっくり聞くことが大切な仕事です。

自分の意見よりも患者さんの考えや思いを尊重する仕事だからこそ、話を聞くことが好きな人には向いているのではないかなと思います。

******************************************************

徳賀さん、ありがとうございました

徳賀さんが働かれている初台リハビリテーション病院には、在校生が実習に行っていたり他の卒業生も就職していたりします。

徳賀さんも、本校在学時に実習で初台リハビリテーション病院へ行き、感銘を受けたことがきっかけで就職を決めたそう!

 

作業療法士を目指す方は、本校のオープンキャンパスで就職のことや実習のことなどもご相談いただけます

ぜひ一度参加してみてくださいね!

OT_OC